お米を食べないだけで痩せる 太る

お米を抜くと痩せる

お米を食べないだけで痩せる

低炭水化物ダイエットで誰でもできる一番簡単な方法がご飯を抜くことです。食事はおかずがメインになります。これだけでびっくりするほど痩せます。これが低炭水化物ダイエットの効果であり、多くの方が驚くでしょう。

場合によっては運動をしなくても一気に痩せていくため、食事で炭水化物がなくても良い、という方ぜひ挑戦してみてください。その代わり野菜を多めに食べることが重要で、これは排便を促すためです。健康的にもなりますしぜひ挑戦してみましょう。

ご飯1杯分だけでやせる秘密

ご飯は日本人の主食であり、毎食食べている人も少なくないでしょう。しかし米は炭水化物が多く、食べ過ぎると余分な脂肪を蓄えてしまいます。置かずを食べながらついついご飯をお代わりしてしまう、という場合はちょっと危険です。

炭水化物であるご飯を食べないようにするだけで痩せる理由はこの炭水化物の脂肪蓄積が原因です。ご飯を食べてしまうと脂肪として蓄積されてしまいますが、食べなければそのまま脂肪として付くものがないのでまず太りません。

さらに動くときの消費カロリーも炭水化物による脂肪が新たに築かないため、すでに付いている脂肪をエネルギー源として使いやすくなります。これによって普通にしていても脂肪がエネルギーとして使われるため体重が落ちるのです。

そしてご飯茶碗1杯分のカロリーは量にもよりますが200kcal程度はあり、こを3食抜くと毎日600kcal減らせます。12日で7200kcalなので1kgの脂肪がエネルギーとして使われてなくなります。

運動をしなくても米を食べなければ痩せる

普通ダイエットは運動も併用しますが、低炭水化物ダイエットに関してはそれほど激しい運動をする必要はありません。そもそも何もしていなくてもご飯を食べないだけで2週間程度で1kg落ちているわけです。

これはご飯自体のカロリーによるものが一番大きいでしょう。さらには食事による炭水化物が摂取がなくなった(減った)ため基礎代謝のカロリー消費が脂肪から使われることになるからです。

ポイントとしては運動をしないで痩せる場合、炭水化物ダイエットが必須です。
しかし逆に運動をしながらダイエットする、という場合はあまりにも極端な低炭水化物ダイエットは取らないほうが良いでしょう。

運動するときに栄養不足・エネルギー不足になる可能性もあり、それが怪我に繋がる可能性もあります。