ガムの食べ過ぎは太る カロリー

ガムの食べ過ぎは太る

ガムの食べ過ぎは太る

最近はボトルに入った大量のガムが売っていて、仕事中などにデスクにおいておいてずっと噛んでいる人がいます。食欲の防止や眠気覚まし、口臭予防などに使われていますが、ガムを食べ過ぎると知らないうちに体重が増えている場合があります。

気になる方はまずガム1粒あたりのカロリーなどを見てみてください。ちょっとびっくりするかもしれません。

ガム1つで1kcal

ガムは一般的に1粒で2.5kcal程度あります。毎日10個食べても25kcalしかありませんが、糖分が含まれているのでカロリー数だけでは判断できません。糖分ゼロのキシリトールなどでも炭水化物量が1粒1g以上入っているので注意が必要です。

またボトルガムを用意している人は10個では足りずにもっと食べているはずです。そもそもボトルでガムを買うということは大量に食べるから普通の10粒のパッケージのものでは足りないからです。

そしてガムは噛み続けているとタバコと同じで噛んでいないと落ち着かなくなってしまいます。これによって軽い中毒性があることからハマってしまうと毎日大量のガムを食べていることになります。

何事も食べ過ぎ飲み過ぎは良くない

ペットボトルやお茶などデスクにおいておくとどんどん飲んでしまいます。水や麦茶などであればいいですがこれがジュースになると太る原因になります。
これは美味しいから飲むのではなく、ついつい手が伸びてしまうからです。

ガムもそうですが、ついつい食べてしまうという食べ過ぎは健康にも良くないですし、まず太り始めます。噛むことで満腹中枢を刺激できますが、それよりも食べ過ぎで太ってしまっては元も子もありません。

ガムは10粒のものに抑えておく

明らかにボトルで買ったほうが安いですが、ダイエットを考えるなら1kcalでも無駄なものは食べないほうが良いのは明白です。
しかしストレスもあるし、エチケットもあるし、ガムは噛んでおきたいという方は、1日10粒程度の通常の紙パッケージのものに抑えておきましょう。

1日1パックであれば25kcal程度で済みます。また食べ過ぎて噛みたくなってしまう中毒性も和らげることができるでしょう。