甘い缶コーヒーは太る ブラック

缶コーヒーが太る原因に

甘い缶コーヒーは太る

コンビニや自動販売機で売っている缶コーヒーやプラスチックボトルの甘いコーヒーはつかれた時などに飲むとリフレッシュできて甘くて苦味がほんのりとあるのが美味しいですが、実は大量の砂糖で甘くなっているので飲み過ぎはデブの原因となります。

甘い缶コーヒーはカロリーが高い

甘い缶コーヒーには砂糖が大量に入っている他、ミルクやその他の甘味料、商品によってはキャラメルなどがたくさん入っています。
当然ですがカロリーは高くなります。

また甘いコーヒーは癖になるので1日何本も飲んでしまうことも珍しくないと思います。これによって水分補給だけで無駄なカロリーを摂取しているので当然太ります。

糖分がそのまま脂肪になる

甘い缶コーヒーに配合されている砂糖ですが、基本的にエネルギーとして使われるものですが余分なものは全て脂肪として蓄積されます。
基本的に運動が十分足りている人はいないので、殆どの場合脂肪に変化してましまいす。

また砂糖は歯に付着して虫歯菌の栄養源になり、虫歯を進行させます。

同時に砂糖によってカルシウムが溶け出したり、尿管結石などの原因にもなりますのであまり甘いものは飲まないほうが良いというのがダイエットだけでなく健康面全体を考えて言えることです。

甘い缶コーヒーは癖になるので注意する

特にですが甘いモノが好きだと甘い缶コーヒーは癖になってしまいます。1本が小さいのですぐ飲みきってしまうため、あとあとまた飲みたいな、という欲求にかられてしまいます。

特に甘い飲み物は美味しく感じられるようにできているので、ハマってしまうのも無理はありません。無糖のコーヒーなどがベストです。無糖でも甘いのは砂糖以外の甘味料を使っているからです。

砂糖以外の甘味料は熱量も少なく太りにくいとされていますが記載しなくて良いだけの砂糖も含まれている可能性があるのであまり飲み過ぎないほうが痩せやすくはなるでしょう。