養命酒 効果、成分について

体を温めてくれる滋養強壮効果があります

養命酒

養命酒は冷え性やストレスからくる過労などに効果のある医薬品です。
CMでもおなじみの養命酒を紹介します。

養命酒とは

養命酒は体の疲れやちょっとした病気などを改善させる医薬品です。
酒屋でも販売されており、酒屋では医薬品としては販売されていません。
ですが、どちらで養命酒を購入しても内容は同じですのでどこで買っても同じ養命酒を飲むことができます。

また、若干アルコールを含んでいますが未成年でもアルコール分を1%未満に希釈することで養命酒を飲むことができます。
未成年でも冷え性や貧血などの症状が現れた際は養命酒を飲むことで改善させることができます。

養命酒の効果

養命酒は漢方的な滋養強壮剤ですので、体力が低下したときに飲むと効果的です。
たとえば風邪をひいたときなどもそれに当てはまります。
冷え性や貧血の時にも効果的で、服用は1日三回ですがこれといって必ず飲まなければならないものではないので体調に合わせて養命酒の量を調節することができるのもいい点です。

また、アルコールを含んでいるので封を開けても長期間保存することができるので、体調が悪くなったときに養命酒を飲むことができます。

養命酒の副作用

養命酒は漢方的な滋養強壮剤ですが、アルコールを含んでいるので副作用が気になる方もいると思います。
養命酒には重大な副作用はないとされています。

大きい病気などでない限り他の薬と養命酒を同時に服用しても副作用の心配はありません。自己判断ができない場合は病院と相談して服用しましょう。

養命酒を飲む

養命酒は酒屋や薬局などで購入することができます。
もし近場に酒屋や薬局などがなくて養命酒が変えない場合はインターネットで購入することもできますので、そちらを利用してみてはどうでしょうか。
インターネットで購入すると普通に店頭で養命酒を購入するよりも安く手に入ることもあります。

もし忙しくて養命酒を手に取れない場合はインターネットでの購入もオススメです。

子供にも養命酒を

養命酒はお酒ですが、アルコール分を1%未満にすることで未成年でも養命酒を飲むことができます。
養命酒はアルコール分14%ですので、1%になるように調節します。
基本的に薄める液体は何を使っても大丈夫です。養命酒に炭酸を入れれば子供でも飲みやすい味になります。

もし養命酒が口に合わないけど、滋養強壮のために毎日飲みたい・・・そんなときもある程度希釈して飲んでみるのも養命酒を続けるための鍵になるかもしれません。

養命酒の歴史

養命酒は今から400年前の1602年に製造が開始され、それから今まで製造が止められることがありませんでした。
400年間製造され続けているということは、養命酒が400年間信頼されている証です。

また、養命酒発祥の地である長野県上伊那郡中川村大草には、養命酒を記念して石碑が作られています。
旅行などで近くに立ち寄った際は、養命酒の石碑を見てみてはいかがでしょうか。