ビオナーデ 販売店情報や購入方法など

炭酸ジュースなのに天然で作られたビオナーデ

ビオナーデ

ビオナーデをご存知でしょうか?ビオナーデはコカ・コーラを脅かすほどの炭酸飲料として今密かに騒がれている飲み物です。そんなビオナーデについてご紹介します。

ビオナーデとは

ビオナーデビオナーデとは、化学添加物を全く使わないで作られた炭酸飲料のことです。

ビオナーデはドイツのバイエルンで農夫が開発したもので、マクドナルドやイケアでも販売されていて、ポピュラーになりつつあるオーガニック炭酸飲料として注目されています。農夫はビオナーデを「添加物ゼロのファンタ」と喩えているほどの出来栄えです。ビオナーデには科学添加物が一切使われていないことが人気の秘密です。

気になるビオナーデの味

ビオナーデにはエルダーベリー、ライチー、ジンジャー・オレンジの4種類の味があります。ほどよくさっぱりとしたフルーティな味わいで、甘さ控えめ、爽やかな風味でドイツでの人気も高く、ビオナーデを出すレストランも増えてきています。日本でもビオナーデを販売するショップが増えています。

ビオナーデ独特の製法

ビオナーデはビールと同じように麦芽を発酵させて作りますが、アルコールを作らないようにする菌を見つけ、それを利用して作られています。
発酵の後、濾過、炭酸添加、天然香料の添加、カルシウムやマグネシウムを加えています。

このようにビオナーデは非常に珍しい製法と開発のために10年間を費やし、150万ユーロを使ったため、一時は破産寸前まで追い詰められましたが、最近ではマクドナルドやイケアでの契約がとれてメジャー炭酸飲料になっています。

現在の日本での流通・世界でのシェア

ビオナーデビオナーデの売り上げはどんどん伸びて、ビオナーデの売り上げを上回るのは現在ではファンタやコカコーラ商品だけになっています。
コカコーラ社はビオナーデを数億ユーロで買収しようとしましたが、ビオナーデ社が断り、現在に至ります。
マクドナルド、イケアとの契約が取れ、ドイツ国内では人気が高まり、オーストリア、スイス、スカンジナビア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、イタリア、スペイン、ポルトガル、アイルランドで販売されています。

今後ビオナーデはどうなるの?

2006年では前年比の3倍となる7000万本を出荷しており、今後は世界進出を計画中とか。
アメリカでは空前の健康ブームのなか、ビオナーデはスタバにまで置かれるようになりました。
日本でも健康志向、ロハス志向が強く、ビオナーデが日本へ上陸した今、販売店や取扱店が増えるとさらに人気が高まりそうです。

現在ビオナーデを取り扱うネットショップで有名なのがアマゾンやケンコーコムなどです。
ぜひこの機会にビオナーデを味わってみませんか?
ビオナーデの最安値はこちら