オロナミンCの効果

オロナミンCの栄養と効果

オロナミンCの効果

1965年に発売したオロナミンCは日本でも歴史のある栄養がたくさん含まれた清涼飲料水です。栄養ドリンクのような表現がないんですよね。誰でも飲んだことがあるでしょう。オロナミンCの栄養素の効果などを詳しく解説していきます。

オロナミンCの栄養素

オロナミンCにはレモン11個分のビタミンCが配合されています。
さらに私たちを元気にするビタミンB郡も配合されていて、ある意味元気になるために必要なビタミンがしっかりと配合されているのです。

ビタミンBは元気を出すための栄養素であり、栄養ドリンクには欠かせない栄養素となっています。ほぼ全ての栄養ドリンクに入っているので興味のある方は見てみてください。

しかもオロナミンCの黄色は着色料ではなくビタミンBそのものの色であり、着色料が気になる方にも安心して飲むことができます。

栄養ドリンクとして販売されているわけではないですが、多くの方が元気を出したい時に飲むのがこのビタミンの配合で理解できるでしょう。

オロナミンCは栄養ドリンクのような医薬品ではない

オロナミンC発売当時、炭酸が含まれているため清涼飲料水としての販売となりました。ただし今までのジュースとは違い、ビタミンが多く含まれていたりアミノ酸を配合しているなどの栄養素が高いため、疲れた時や頑張りたい時に飲む栄養ドリンクのような飲み方で親しまれるようになりました。

ですからオロナミンCにはどこにも栄養ドリンクとは書いていませんし、医薬品として販売されていないのでジュースのようなイメージも同時にありますが、手軽に飲める栄養豊富な炭酸飲料としては人気が高いと言えます。

瓶で飲むのもいいですが、氷を入れたグラスに入れて飲むだけで爽快感が増し、120mlという少量でも飲み心地はありますね。

逆に言えば、120mlの少量でビタミン豊富な栄養を摂取できるので子供や女性にも飲みやすいと言えますね。