コーヒーは適度に飲んで眠気対策

コーヒーで眠気覚ましを成功させるヒント

コーヒーは適度に飲んで眠気対策

コーヒーを毎日飲みまくっているという方は少なくないはずです。しかしコーヒーに含まれるカフェインが飲み過ぎによって耐性がついてしまいう場合があります。だから眠くなったからということでコーヒーを飲んだとしても全然効かない場合があるのです。

ではコーヒーの飲み方を上手く調節してここぞという時に眠気覚ましできるようにする方法をご紹介します。

コーヒーは適度に飲む程度に留める

毎日職場で5杯以上はコーヒーを飲んでいる方、これ実は少なくないですよね。もっと飲んでいる方もいるはずです。コーヒーが好きだからという理由もありますが、ついつい飲んでいないと落ち着かないという場合が多いのではないでしょうか。仕事中に手を伸ばせるものがあるとストレス解消にもなりますしね。ある意味タバコを手に持って吸っていないと手持ち無沙汰だというのと同じです。

しかしこうなってくるとカフェインの耐性ができてしまって、眠気対策としてコーヒーが使えなくなってしまいます。できるだけコーヒーを飲む回数を減らしていくようにしましょう。
基本的には1日に3杯程度までは落とすと理想的です。

コーヒーの飲み過ぎで眠くなる?

コーヒーはある意味リラックス効果をもたらす場合があります。それはコーヒーの飲み過ぎで体がリラックスすることを覚えることによって起こると言われています。
だから眠くなってきたからコーヒー一杯入れようかなと思って飲んでも、飲んだ後にリラックスし始めて眠気は飛ばず、どちらかというとも気持ちよくなって眠くなってしまう場合があるということです。

だからこそ眠気を飛ばして仕事をしなければならない方はコーヒーを日常に取り入れすぎないようにしましょう。

深い睡眠がとれなくなる

コーヒーを良く飲む人は、寝る直前にコーヒーを飲んだとしても別に問題なくすぐに眠りにつける場合が多いです。しかし体内では覚醒作用が起きているので、全然深い眠りには入っていないことがわとんど。だから質の低い眠りで全然休まらなく感じる場合があります。

寝る前のコーヒーは特に避けて置く必要がありますね。

コーヒーで眠気覚まし効果を高めるには

これはまずコーヒーはたまに飲む程度に控えることです。カフェインの耐性をできるだけ作らないようにするとでコーヒー一杯による眠気覚まし効果は高まります。

またコーヒーを入れるときは粉を1.5倍程度にして、飲む量は通常通りにすると濃いコーヒーが効くでしょう。