エナジードリンクの効果

エナジードリンクの効果と最適な選び方

エナジードリンクの効果

最近海外のエナジードリンクが日本にもたくさん入ってきて、若者を中心にかなり人気があります。中高年の場合は栄養ドリンクといって飲んでいたものに炭酸を加えてカジュアルに日常的に飲めるようにしたものがエナジードリンクだと思ってください。

基本的に缶に入っている炭酸飲料で、デザインもエネルギッシュでクールなものが多いのが特徴です。ではエナジードリンクを飲むとどんな効果があるのでしょうか。ついでに用途別の選び方も解説するので参考にしてください。

エナジードリンクに含まれている主な成分

モンスターエナジーやレッドブル、ロックスターなどとにかくたくさんエナジードリンクが出ていて違いもよくわからないしどんな効果があるんだか・・・と思っている方は多いはず。
ではどんな効果が期待できるのか、まずは各エナジードリンクに含まれる主な成分を見ていきましょう。

基本的にエナジードリンクにはカフェインが入っています。コーヒーを飲んでいれば別に大した量とはいえない程ですが、カフェインには覚醒作用があり、眠気覚ましにも効く、また運動前には脂肪燃焼効果もあるスグレモノです。これは活発に動きたい人には必須の成分でしょう。

それ以外はビタミンB群などエネルギー生成にも必要とされるビタミン系が含まれています。これらはほぼ各エナジードリンク共通です。

そして各エナジードリンクは差別化を図るために様々な成分を配合しています。モンスターは高麗人蔘、BurnはBCAAを配合しています。アルギニンやナイアシンなどのスポーツをする上で有利になる成分も含まれているのが特徴です。

スポーツや運動前に飲むと効果的

実はカフェインの量はレッドブルで100ml中80gと多めに配合されていますが、カフェインだけを見ればコーヒーとさほど変わらず、1日に何杯もコーヒーを飲んでいればレッドブルやモンスターに含まれるカフェインの量は大したことありません。なので仕事でこれから頑張るぞ、という時にエナジードリンクを飲むことで最大限力を発揮するかというとそうではないようです。それでも眠気も覚めたしヤル気が出た、という方はカフェインの耐性がほぼないか、プラシーボ効果が高く効いていたものと思われます。

特にエナジードリンクで効果を実感できるのは激しく体を動かすスポーツをしているときではないでしょうか。エネルギーチャージが素早くできて、アミノ酸系成分が配合されているため、スポーツには良い効果がでるものと思われます。

特にLカルニチンが入っていたりすると運動以外でどう効果を発揮するんだ、というくらい運動前の摂取がお薦めです。

用途別にエナジードリンクが効果を発揮する

エナジードリンクを飲むだけで気分的なプラシーボ効果もあって、飲むだけでも気分がスカッとして元気になることはあるでしょう。しかしできるなら『これからすることを最大限のパフォーマンスで効果が出てくれたらなあ』と思うはず。
どのようなときにどのエナジードリンクを飲むと効果が高まるでしょうか。
簡単にエナジードリンクの選び方をご紹介します。

REDBULL
手軽にエネルギー注入したい場合はレッドブルのショート缶がお薦め。これは量は少ないですが成分はロング缶と同じ、カフェイン量はロング缶よりも10mg多く配合されています。サクッとエナジーチャージすることができる感じですね。

burn
スポーツ前はBurnがお薦め。BCAA配合でスポーツに欠かせないアミノ酸がチャージできます。これも小さい缶のタイプが出ています。成分は同じなので水分の取りすぎでお腹がタプタプしたくない方は小さい方を飲んでください。味はラズベリーで女性にも人気のカクテルのような感じ。

モンスターエナジー
またモンスターエナジーもカルニチン、アルギニン、高麗人蔘が入っているのでスポーツにお薦めです。特にストリートスポーツをしている方はいいですね。全部飲んでしまうのではなく、ダンスやスケボーなどの合間に飲むのがいいでしょう。355mlは十分な水分補給としても活躍してくれます。

このようにこれからどうするのか、を考えてエナジードリンクを選ぶと効果も大きく感じられるのではないでしょうか。エナジードリンクの選び方としてもぜひ参考にしてみてください。