お茶、コーヒーの利尿作用

温かいお茶やコーヒーは実は体を冷ます?

お茶、コーヒーの利尿作用

お茶やコーヒーには利尿作用があることはよく知られています。原因としてはカフェインが含まれているからです。カフェインには利尿作用があるので、これらの飲み物を飲んでいるとトイレが近くなるというわけですね。

実は冬寒い時には利尿作用があることで体を冷やしてしまうことがあるそうです。暖かい飲み物だからといって飲みすぎるのも良くなさそうです。もし長時間寒い外にいる場合はコーヒーやお茶以外の温かいものを飲んで体を温めたほうが良さそうです。

利尿作用によって体温が奪われることも

冬は寒くて暖かい飲み物を飲みたくなりますよね。特に夜はホッと一息入れたくなるものです。しかしお茶やコーヒーに含まれるカフェインの作用によってトイレが近くなってしまいます。トイレが寒いから体を冷やしてしまうというわけではありません。

体の中の暖かい水分が尿として出ていってしまうからです。要は飲んだ分の水分以外も利尿作用によって体外に出てしまうのです。体から暖かい水分が出ていくことで体が冷えやすくなります。

例えばおしっこをしたときにブルッと寒気がするときありますよね。あれがまさに体温が奪われたようなものです。ですから寒い夜に温かい飲み物を飲みたくなりますが、あまりお茶やコーヒーを飲み過ぎるとそれほど温まらない可能性が高いのです。

何を飲めばよいか

基本的に飲み過ぎなければお茶でもコーヒーでも大丈夫です。しかし効果的に体を温めるならジンジャーティーなどのように生姜を入れてみたりすると体の保温効果を高める効果が高くなります。またホットミルクもいいですね。ホットミルクに生姜を混ぜるのも体を温めて気分的にもとてもリラックスできるのでお薦めです。

お酒はビールのように水分が多いものは特に利尿作用が高いのでダメですが、ウォッカやウイスキーなどをストレートで飲めば手足もポカポカして温まります。これはたくさん飲み過ぎるとよくないですが、少量を少しずつ飲むと手足の温かさを実感できるでしょう。