ミネラルウォーター 激安・最安値から定義や硬度について

人気の軟水、硬水の最安値紹介のミネラルウォーター

ミネラルウォーター

毎日欠かさず飲んでいる水。このただの水にお金を出してまで買う必要があるのでしょうか。
しかも水道水よりも全然高いミネラルウォーターばかりです。そもそも水道水とどう違うのでしょうか。そんな疑問やあまり知らなかったミネラルウォーターにスポットを当てましょう。

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは、容器入りの飲料水のうち、地下水を使ったものを言います。ミネラルウォーターでもいくつかに分類され、原水の成分に無機塩添加等の調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれています。

原水が地下水でないものはボトルドウォーターと呼ばれていて、農林水産省がガイドラインを定めています。

殺菌されてる?

日本ではミネラルウォーターを殺菌したものと無殺菌のものが売られています。
日本では殺菌されたミネラルウォーターが多く発売されていますが、無殺菌のものもあり、エビアンやボルヴィック、ヴィッテルなどのヨーロッパ産のミネラルウォーターがそうです。

無殺菌のミネラルウォーターの安全性ですが、ヨーロッパでの統一基準により、安全性が確認されたものだけを販売しているので問題はありません。

日本で製造されるミネラルウォーターは殺菌が義務付けられていますが、日本では清涼飲料水としてミネラルウォーターが認識され作られている背景があるめたこのようになっています。

軟水と硬水

ミネラルウォーターは、硬水・軟水のタイプに分類されます。
簡単に言えば、水分中の溶解しているミネラル成分などの量によって、硬水・軟水に分かれます。
硬度とは、1リットル中に含まれる、カルシウムとマグネシウムの合計を数値化したもので、100mg/リットル以下が軟水、300mg/リットル以上が硬水、その中間10~300mg/リットルが中硬水となります。
また、一般的に国産のミネラルウォーターは軟水が多く、外国産のミネラルウォーターは、硬水が多いと言われています。

保存方法

ミネラルウォーターの賞味期限は長いものが多いですが、高温多湿、直射日光を避けて保存することで賞味期限までおいしく飲むことができます。

また、一度開封してしまうと、空気に触れて細菌の繁殖の原因になりますのでできるだけすぐに飲みきるようにしましょう。
保存は冷蔵庫で1週間程度が限界と思ってください。

代表的なミネラルウォーター

硬水
ヴィッテル

エビアン

オキシジャイザー

コントレックス

サンペレグリノ

ペリエ

クリスタルガイザー

軟水
ボルヴィック