水素水の効果 抗酸化作用

水素水は美容や病気にも効果的

水素水の効果

水素水には高い抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果があるとかガンにも効果があると言われるようになり、一気に知名度が上がりました。水素水の抗酸化作用による体への効果や、どこまで本当なのか、飲み過ぎて副作用はないのか、などをひとつにまとめました。

アンチエイジングや美容のために水素水を飲むのが流行っていますが、何よりガンにも効くという情報がかなり出回ってしまっているため、これについても調べてみました。もし水素水がガンに効果的であれば、既に医療機関で必須の飲料水になるっていると思います。

水素水の抗酸化作用とは

2007年に日本医科大学大学院 細胞生物学の太田成男教授がアメリカの科学誌に、水素ガスが活性酸素除去をすることを発表しました。

活性酸素の中でもっとも強いとされているヒドロキシルラジカルを水素水で除去することに成功したのです。

もともとアルカリイオン水や還元水というものが医学的には証明されていないものの、病人が飲むと体の調子が良くなるということは本人や関係者の間ではよく知られていたことだったそうです。そしてその原因が実は水素であることがわかってきたのです。

そもそも還元水ってなんだ

昔から言われている還元水というもの。何だか怪しい響きですが、還元というのは水に電子を与えることです。これによって還元水を作るのですが、水に電子を与えると弱アルカリ性になって水素が作られるのだそうです。

これが還元水として知られていて、成分としては水素水となるのです。

結果として、還元水として知られているものは水素が入っていて、水素水を飲むことで抗酸化作用が得られ、健康・美容・病気に効果的だと言われるのです。

還元水というのは特別なものではなく、水素水であると考えてもよいでしょう。

水素水の選び方

水素水は当然ですが水に入っている水素の量が多ければ多いほど良いとされています。
高濃度水素水は高くても効果を実感しやすいとのことなのでぜひ高濃度水素水から始めてみましょう。

安物から始めると実感できない、というプラシーボ効果が働いてしまう可能性があります。

水素水の飲み方

水素水は活性酸素を除気すると言われているため、体内で活性酸素がでるときに飲むと効果的です。

基本的にはスポーツをするとき、仕事などでストレスが加わるとき、睡眠不足の時などです。ストレスが加わると体内で大量の活性酸素が発生します。活性酸素はガンの原因になったり、そこまでいかなかったとしてもシミを大量に作ったり肌のシワを作ったりしますから美容にも大敵です。

これを防ぐために水素水をこのタイミングで飲みましょう。

また、密閉性のあるところで水素が維持できるため、一度開封したらできるだけその場で飲み干すのがお薦めです。密閉性が弱くなると水素が逃げてしまいます。だから水素水は大量の容器ではなく小さくなっていることが多いんですね。

水素水がガンに対して効果がある

水素水がガンに効果があると言われていて、ガン治療の民間療法は胡散臭いものがたくさんありますが、水素水には可能性があると言われています。

ガンは日々体内で発生していますが、その発生の過程で活性酸素を大量に発生させています。そこで水素水を飲むことによって活性酸素を減らすこと、さらにはがん細胞内のミトコンドリアに水素が作用することで転移を防ぐと言われています。

水素水がガンを治す、というレベルまでは解明されていませんが、がんの転移を抑えるだろうということは分かり始めていて、水素療法が取り入れられています。抗癌剤治療などの副作用を緩和するなどの効果がみられていることや、がん治療との相性が良いので今後も水素水ががん治療に関わっていくことは大きく期待できます。

またがん細胞ができても普通はそれを大きくさせないようにしているのですが、なにかのきっかけてがん細胞が勝ってしまい、ガン化してしまいます。これを予防するためにも水素水を飲むのがお薦めです。

ガンはなかなか予防ができない病気で日本の死因トップですが、水素水の効果によってがん予防効果も期待できると考えられていて、今水素水が非常に売れています。毎日1本を飲むのが目安です。