ドラゴンクエスト 歴史や社会現象など

元祖RPGのドラクエ

ドラゴンクエスト

いわずと知れた日本を代表するRPGのうちのひとつドラゴンクエスト。
ファミコンから始まったドラゴンクエストの歴史です。

ドラゴンクエストの始まり

エニックス(現スクウェア・エニックス)の代表ゲームドラゴンクエストシリーズが初めて発売されたれたのは、1986年で日本初のRPGとしてファミコンで発売されました。
同時期には全国でキャラバン大会が行われたスターソルジャーや、グラディウス、マイティボンジャックなどの名作が発売される中の発売でした。

ファミコンで発売された後に、MSXでドラゴンクエストのリメイクが発表され、現在では携帯電話でも気軽に楽しめるソフトとして、様々な年齢層のユーザーに親しまれています。

ドラゴンクエストと社会現象

ドラゴンクエストはご存知のとおり、シリーズ化されている大規模なRPGです。
そのシリーズの中で一番販売数が高いのがファミコンの「ドラゴンクエスト3 そして伝説へ」になります。
この「ドラゴンクエスト3」は、様々な社会現象を巻き起こしました。
ファミコンソフトとしては異例のゲームショップの前に行列ができ、需要が供給に追いつかずソフトを手に入れられない人も大勢いました。
ソフトの入手が困難なため、「ドラクエ狩り」といわれるドラゴンクエストを購入した人からソフトを取り上げる、恐喝行為にまで発展しました。

新しいドラゴンクエスト

「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」より、プラットフォームをスーパーファミコンに移し、新たなドラゴンクエストとして生まれ変わりました。
この作品はスーパーファミコンからプレイステーション2にリメイクされ、大勢のファンを魅了した作品です。
「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」から本格的に実装された、モンスターを仲間にするシステムは、5以降の作品に受け継がれ、モンスターを主体とした「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズも独立して発売しています。
ここで、スーパーファミコンで発売された2作品のモンスターシステムについて比較してみます。

ドラゴンクエスト5

ドラゴンクエスト5では、ゲームを進めていくと進行上モンスターを仲間にすることができます。
モンスターは最大4匹まで仲間にすることができ、「モンスターじいさん」に預けることで、数多くのモンスターを仲間にすることができました。

ドラゴンクエスト6

ドラゴンクエスト3で採用された転職システムが復活し、その中に「魔物使い」が追加されました。
この職業に就いている仲間がパーティにいればモンスターを中にすることができます。
ドラゴンクエストの定番モンスター「スライム」専用の闘技場なども用意されており、育てたモンスターの実力を試すことができました。

変化したドラゴンクエスト

「ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち」からプラットフォームがプレイステーションになりました。
このプレイステーションで出ているのは「ドラゴンクエスト4 選ばれし者たち」のリメイクのみになります。
プレイステーションというプラットフォームになり、今までのドラゴンクエストシリーズとは若干異なる点があります。

3Dになったドラゴンクエスト

今まで完全に上からの見下ろし方だったドラゴンクエストシリーズの視点ですが、プレイステーションになったことで、斜め視点になりました。
360度画面を回転させることが可能で、建物の裏に隠されているアイテムを発見する楽しみなどが増えました。

戦闘も豪華に

ドラゴンクエストシリーズの戦闘では6まで大きくモンスターが動くことがなかったのですが、プレイステーションになり、モンスターが攻撃する時に大きくモーションし、それにあわせてカメラも一緒に移動するという豪華な戦闘画面になっています。

まったく新しいドラゴンクエスト

プレイステーション2にて発売された「ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君」では、CMにスマップを起用して、本作の感想を述べさせるだけなど、新しいドラゴンクエストへの期待を高めました。
今までのドラゴンクエストから一転して、登場するキャラクターの基準が8頭身くらいになり、プレイヤーの視点でゲームを進めていくなど完全な3Dに変更されました。
戦闘も完全にリニューアルされ、攻撃のあがるテンションシステムなどを採用するなど、後の派生シリーズにも戦闘シーンやシステム面の糧となりました。

ドラゴンクエスト最新作

8作品がリリースされているドラゴンクエストシリーズの最新作が、任天堂のハード「ニンテンドーDS」で発売されます。
タイトルは「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」で、ニンテンドーDSの特徴でもあるWi-Fi通信を利用したプレイも可能です。
発売は2007年内とされています。
新しいドラゴンクエストに期待が高まります。