ケーブルテレビ 地デジ、チューナー情報

地デジはもう対応ししまたか?

ケーブルテレビ

ケーブルテレビは専用のチューナーを使って受信する、有線テレビ番組放送です。
今やケーブルテレビのチューナーを搭載したテレビは普通に発売される時代になりました。
ケーブルテレビを使ってみたいけどイマイチケーブルテレビが理解できない、そんな悩み解消します。

ケーブルテレビを見るためには

まずは今住んでいる場所でケーブルテレビ自体が受信できるかどうかを確認します。確認の仕方は、テレビで2チャンネルを選局します。そのときに通販番組が流れていればケーブルテレビが受信できる証拠です。

次は、今住んでいる場所とケーブルテレビという単語でand検索を行います。たとえば新宿区に住んでいる場合は「新宿区 ケーブルテレビ」といった感じで、場所とケーブルテレビという単語の間にスペースを押して空白を入れます。この空白は全角でも半角でもどちらでもかまいません。検索結果でその地域のケーブルテレビ局が表示されるはずなので、そのページに移動して料金などを確認します。

ケーブルテレビのチューナー

ケーブルテレビを視聴するにはケーブルテレビ専用のチューナーが必要になります。
もしテレビに内蔵されていない場合は、ケーブルテレビ局からレンタルや購入できるケーブルテレビチューナーを入手します。
ケーブルテレビ局からレンタルや購入しなくても、市販されているケーブルテレビチューナーもあります。
そちらを使ってもケーブルテレビ局側の条件を満たしていれば受信できますので安くて気に入ったチューナーを選ぶのも手です。

ケーブルテレビでケーブルテレビ以外を

ケーブルテレビで別のチャンネルを受信

ケーブルテレビはその地域で受信できるチャンネル以外にも、スカパーなどの有料チャンネルをオプションで申し込むことで受信することもできるようになります。
割引のキャンペーンなどを行っている場合もあると思いますが、基本的に普通にスカパーに加入して、受信する料金と同じです。
つまり、ケーブルテレビとの契約料、スカパーチャンネルの視聴料で見ることができます。

ケーブルテレビでインターネット

更に、ケーブルテレビをインターネットのプロバイダとしても利用することができます。
ケーブルテレビ局によって条件などは違いますが、基本的にケーブルテレビの受信圏内に在住していればケーブルテレビをインターネットサービスプロバイダとして利用することができます。
通信速度も30Mbpsという高速でのインターネットが可能なケーブルテレビ局もあります。

引っ越してきたばかりでプロバイダとの契約が面倒な場合、新居でケーブルテレビ受信の契約と一緒にプロバイダの契約もしてしまうと手間が省けますね。

ケーブルテレビでIP電話

何かと話題になっているIP電話がケーブルテレビ局で契約することができます。
IP電話はIP電話を加入している相手との通話料が無料で、IP電話以外の電話との通話も若干安めになります。
IP電話をCVフォンと言うこともあります。CVフォンに加入できる、と表記があった場合はIP電話に加入できる、ということですので初期費用・基本料金の安いIP電話に加入してみるのもいいかもしれません。

このページの注意事項

今回のケーブルテレビの記事に関しては、関東地方を基準に書かせてもらいました。
ケーブルテレビの受信確認方法などは、関東地方での確認方法です。
全国での確認方法とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。