窓の断熱効果を上げる方法

手軽に透明な二重窓を作り断熱するシート

窓の断熱効果を上げる方法

夏は冷房、冬は暖房と外の寒さを遮断する、窓の断熱効果を上げる方法を解説します。これらをするかしないかで、体感温度が随分変わりますし、省エネ効果も抜群です。
窓の断熱は室内温度の低下をかなり防ぐのに対し、比較的安価にできるのでお薦めです。冬だけでなく夏の冷房効果アップで省エネ対策にもなりますのでぜひお試しください。

窓のサッシに貼るフィルムコーティングで断熱する

窓自体に透明のシートやプチプチを貼って断熱効果を高めたり、結露防止をしたりしますが、それよりもさらに断熱効果が高いのが、シートを窓ガラスではなくサッシに貼り、二重窓のようにするものです。

窓ガラスとシートの間に空気の層ができて断熱効果は高まります。今までの断熱シートだと見た目が良くなかったり、窓によっては貼り付けられないものが多かったですが、このシートであればほぼどんな窓にも対応できます。

またサッシは熱を伝えやすいため、窓ガラスだけにシートを貼っても結局結露はするし断熱効果はそこまで高まらないのです。さらに窓ガラスとサッシの隙間部分にシリカゲルを入れることで乾燥させて結露を防ぐことが可能です。

その他オーソドックスなものを組み合わせて断熱効果アップ

上記のシートがかなり画期的でお薦めですが、これに加えてカーテンを厚手のものにする、窓の下部分にダンボールの壁を作るなどするだけでも随分断熱効果が高まります。

リフォームが可能であれば二重サッシにしてしまえばより断熱効果が上がります。サッシも熱の伝わりにくいものを使っていたりするのでその効果はかなり高いはずです。

断熱シートの二重張りもOK

今までのような窓に直接貼るシートを窓にはり、そのあとにサッシに貼る二重構造のシートでさらに断熱。カーテンなどでさらに保護してあげることでかなり効果は高くなります。

完全に断熱というのは難しいですが、シートを貼るのと貼らないのでは全然違います。ぜひ二重構造にして温度と結露の悩みを解消してください。