土用の丑の日 うなぎを食べる

土用の丑の日は家族で友達でうなぎを食べよう

土用の丑の日

夏になると土用の丑の日などいって、昔からうなぎを食べる習慣がありますよね。でもなぜ夏になるとうなぎを食べるようになったのでしょうか。体力をつけるため、と言われていますが、その理由は意外にもとても単純なものだったのです。それでは土用の丑の日について解説していきましょう。

土用の丑の日のはじまりとは

もともと古来からこの習慣があったのではありません。
江戸時代に平賀源内がうなぎ屋に「全然うなぎが売れなくて困っている」と相談を受けたことから、「今日は土用の丑の日である」と張り紙を出したことでうなぎ屋にはお客さんが入り繁盛したことが始まりだそうです。

この「丑の日」に「う」のつく食べ物を食べると縁起がよいとされていたこともあり、うなぎ屋にお客さんがたくさん入ったということなのですね。ある意味うなぎでなくてもうどんなどでも縁起の面では問題はないのです。

しかしこれが定着してしまうと現在のように土用の丑の日としてうなぎを食べるようになるんですね。不思議なものです。

土用は夏だけでなく季節ごとにある

今では夏の暑い日に土用の丑の日として知られていますが、ともとも土用というのは中国から伝わった五行説の中の一つであり、夏以外にも季節ごとに存在します。要するに夏だけに存在する特別な日ではないということです。

ただし、夏の土用の丑の日は特に暑くなり始めて体力が落ちてしまう時期なので、うなぎを食べて精力をつけて夏を乗り切ろうという意味も定着した原因のひとつだと言われています。それではうなぎは本当に夏バテなどに効くのでしょうか。

うなぎは夏バテに効く?

うなぎにはビタミンAが豊富に含まれているので抵抗力が高まります。その他、ビタミンB群、鉄分などのミネラルもバランスよく含まれているので健康に良いとされています。
ただしビタミンCは全く含まれていないので、野菜などと一緒に食べるとさらにバランスよく食べれますね。

基本的にはうなぎを食べれば夏バテしない、というよりも、昔の鰻屋さん繁盛のためのという歴史もあり、縁起が良いとされて夏の風物詩にもなっています。うなぎを食べて、夏を乗り切る気持ちを持つというのが良いんですよね。

うなぎの価格が高い

毎年夏はうなぎを食べるのが日本人の風習になっていますが、現在、稚魚の価格が高騰しているため、うなぎ自体の価格が上がり、うなぎ屋さんでもうな重の価格が上がっている他、スーパーで売っているうなぎの価格も今まで以上に高騰が続いています。

高くなっても土用の丑の日くらいはうなぎを食べたいという方も多く、食べたい方はイベント事として楽しんでいるようです。ただしスーパーではうなぎ価格の高騰でそもそも取引量を減らしたというところもあるそうです。

みんなでうなぎを食べに行く!

友達や家族の間で、とにかくイベント事をしたいということであれば、夏のこの時期はうなぎが定番なので、『土用の丑の日だからみんなでうなぎを食べに行こう』とパーティーを企画してみてはどうでしょうか。

うな重などはちょっと値段が高いこともあり、あまりうなぎを食べない人が増えているのではないのでしょうか。ですから土用の丑の日をきっかけとしてうな重とビールを飲んでもんなで食事会をするのも良いと思います。

また、出かけるだけでなく自宅で美味しいうなぎを食べれるお取り寄せもあります。家族で子供にも土用の丑の日を知ってほしいという親はぜひ食べに行かなくても自宅で日本の風習を教えていくのも手だと思います。このような風習が廃れていくのはもったいないですからね。