生前墓 (寿陵)

生前墓を建てる意味とは

生前墓

生きている間に自分の墓を建てることを生前墓といいます。正式には寿陵といいます。普通は言いやすいですしわかりやすい生前墓という言葉を使いますよね。最近ではこれがかなり流行っていて、その目的はお墓の費用を自分で負担するため、さらに自分の希望の土地に建てるためなどがあります。さらに生前墓にはたくさんのメリットがありますのでそれらを詳しくご紹介していきます。

生前墓・寿陵とは

名前通り、生きている間に自分のお墓を建てることです。生前墓には朱色で建立者名が刻まれています。これはお墓参りに行ったことがある方は目にしたことがあるではないでしょうか。

中国では古来から生前墓は長寿となる縁起の良いものとして伝えられていました。今では縁起というよりは子供たちに建立のための費用を負担させたくないという理由で建てる方がほとんどです。

生前墓・寿陵のメリット

生前墓のメリットは時間があるうちに自分のお墓の場所を決められることです。自分が死んでからでは遺族が必死になって探してもなかなか良い墓地は見つからないものです。実際に結構時間がかかる作業ですので、生前に交通の便が良い場所を見つけておくことができるのです。

さらにお墓の費用を遺族へ負担させないで済むこともメリットですね。死んだ後は遺産の相続があるのでお金を残しておけば良いと考えがちですが、実際は相続税などでたんまり持っていかれてしまいます。
しかしお墓は課税対象外です。固定資産税などもまったくかかりません。ですから生きているうちに生前墓を建てておくことは節税にもつながり遺族への経済的負担は本当に減ります。

都営の霊園では生前墓・寿陵はできない

都営の霊園では需要が高すぎて供給が追いついていない状況があり、現在納骨したい方が優先となるため、生前墓はご遠慮頂くというスタンスのようです。
このことからも死んでからでは遅いということがわかるでしよう。

元気なうちに生前墓を建てておくことはいろいろなメリットがあるのです。

生前墓を作ってみた感想

生前墓を考え始めて、石屋さんにいろいろと相談しました。業者によってはすごく商売商売しすぎているところもありますが、人間味のある石屋さんでよかったです。
まずはお墓や供養などについても詳しく教えてもらい、自分の墓は自分でどうにかするほうがいいということも説明され納得しました。

アフターフォローではなく現在どうフォローしてくれるのかが大切ですね。買った後に良い付き合いができるかどうかはこの時点ではわからないですから。
生前墓を建てて、たまに見に行きますがなんとも不思議な気分です。

また、死後に子供たちが費用を出して建てるのを防ぐことはなかなか難しいと思うので自分で負担して生前墓が建てられたのは本当に良かったと感じています。やはり自分のことは自分でけじめをつけたいですよね。