おせち料理の意味

お取り寄せなどでも人気が高いおせち料理に秘められた意味とは

おせち料理の意味

おせち料理っていつも正月に食べていますが、なんでこんなの食べてるんだろうと思ったことはありませんか?中身もいろいろあるし、重箱に入っているし、最近ではどこもおせちの通販をやったりしているし、この意味が何かわからないですよね。実は色々な意味があったのです。

おせち料理の名前の由来

おせち料理はもともと神にお供えする食べ物でした。これを感じで書くと御節料理となります。
季節の変わり目となる「節」として正月はとても重要な節目となります。この正月に食べられた特別な食べ物としておせち料理は重要とされていたようです。

要するに1年の大切な節目に食べられる料理ということで大切に重箱に入れて食べられていた料理なんですね。

なぜ重箱にいれるのか

おせち料理は重箱に詰められていますが、これはめでたさを重ねるという意味があり、縁起担ぎのひとつです。
この重箱って何段になっていると思いますか?基本は4段ということらしいです。これは春夏秋冬を表すといわれていて、これが標準になっています。

しかし最近では特に4段でなくてはいけないということもなく、3段だったり2段のおせち料理もありますね。特に最近はスーパーやネット通販で様々なおせち料理が作られていて、どれも個性的であり、予算に合わせて中身や重箱の数が違います。

さらに数字に関しての意味合いとしては完全を表す3にさらに重ねた4段の重箱という説もあるようですね。おせち料理の意味を調べていくと面白いです。

おせち料理の中身にもしっかりと意味がありました

もともとが供物として節目に捧げられたということもあり、保存しやすいような物が多いですよね。乾いていたり火を通していたり。
しかしそれ以上におせち料理にはそれぞれに意味が込められています。

かまぼこ・・・元旦の日の出を意味する
伊達巻・・・伊達という華やかさを意味することから見た目の豪華さを表す
栗きんとん・・・黄金を表し豊かさを願うものを意味します。
黒豆・・・黒く日焼けするほどにマメに働けるように
昆布巻き・・・喜ぶにかけて縁起物という意味があります
田作り・・・田畑に肥料として使われたことから豊作を祈るため
数の子・・・ニシンと二親をかけて子孫繁栄を願う
たたきごぼう・・・豊作を祈る
えび・・・長寿
鯛・・・めでたいの語呂合わせ
里芋・・・小芋がたくさんつくことから子孫繁栄

なんでこれが入ってるの?と思っても色々と意味がある食材が詰め込まれているわけですね。しかも正月という節目に食べることでその意味合いはとても強くなるのでしょう。

最近は豪華なおせち料理のお取り寄せがブーム

昔は各家庭でおせち料理を作って正月に食べていたり、スーパーで買ってきたものを詰めて食べたりしていましたが、最近では既にすべて作って重箱に詰めたおせち料理セットがネット通販などでお取り寄せできます。

しかも中身がかなり豪華になっているので、ただおせち料理を食べると言うよりは各食材のレベルが高いのでおいしいものを少しずつ食べれるおめでたい重箱という感じがしていますね。

特にお薦めのおせち料理のお取り寄せは、博多の老舗料亭である『てら岡』のおせち料理です。
おせち通販
天皇陛下への献上料理も担当したこともあり37年間の歴史ある伝統のおせち料理です。特に37年という長年の経験から何が食べたいかという声に耳を傾けた結果、とても強く支持され続けているおせち料理を作っています。これは一度食べておきたいですよね。
年末前までの限定ですからぜひ一度お取り寄せしてみてください。