鏡開きの意味・由来

1月11日は鏡開き。なぜこんなことをするのか意味しってますか

鏡開きの意味・由来

正月になると鏡餅を食べる鏡開きってやりますよね。あれ毎年やってますけどどんな意味があるんでしょうか。もともとの日本の歴史から見る鏡餅とそれを食べる行為、風習から見ていきましょう。これを知ることで正月の意味や過ごし方などを見つめ直せるのではないでしょうか。特に子供にはぜひ鏡開きの意味や由来を教えてあげてくださいね。

鏡開きとは

鏡割りとも言われる鏡開きとは、正月にお供えしておいた鏡餅を下ろしてきて食べることです。基本的には雑煮やおしるこなどに入れて食べます。
神様に供えておいたものを食べることで無病息災を祈ったものとされています。

もともと武家社会の風習だったことから、鏡餅を切るのではなく、割って開くことに由来してこの名前が付いたとされています。武士が切られてしまったらたまったもんじゃないですよね。

基本的には割るというのもあまり縁起が良いほうではないので、多くは鏡開きとして知られています。

鏡開きの日にち

もともとは1月20日に行われていましたが、徳川家光が20日に亡くなったためこの日を避けて1月11日に行われるようになりました。
この日に合わせて鏡餅を出して固くなるようにするとよいでしょう。

普通は先程書いたように武家社会が由来なので包丁で切るようなことはしないんですよね。風習としては金槌のようなもので叩き割るようなイメージです。だからカビが生えてしまいそうですが、パッケージから出しておいたほうが鏡開きを味わうことができます。

鏡餅を食べる意味

健康を祈って、とかそういう意味が強い鏡餅ですが、固いお餅ですので、歯固めとも言われていて、固い餅を食べて頑丈にして長寿を願うという意味もあるそうです。

毎年歳をとりますが、この鏡餅を食べることによって新しい歳を取るとされ、そんな新しい歳をお供えしたお餅を食べることによって神様からいただくという意味があります。
由来などを調べてみると新年の風習というのは面白いものがありますね。