初詣の期間はいつまで?

初詣の意味や由来、期間などを解説

初詣の期間はいつまで?

初詣は正月に行くものだと思っていますよね。でも実際何か急用ができてしまったり、日本にいなかったり、さらには体調不良で初詣に行けなかったりと、なかなかお正月に初詣に行けない場合もあります。

では初詣の期間はいつまでならOKなのでしょうか。また初詣をする理由を知っていますか?由来やその意味なども知っておくと楽しみが広がりますよ。ぜひ家族で初詣に出かけてみてくださいね。

初詣は1月中に行けば大丈夫

初詣の行ける期間はだいたい三が日だと思っている方が多いですが、実は1月中にいけば一応初詣となるようです。

もともとは大晦日から元旦にかけて行うのが初詣とされていましたが、明確な規定がないため、初詣の期間などはないと言えます。また回数も1回だけが初詣である、という決まりもありません。

単純に考えると年明け最初のお参りが初詣となることが多く、いつもでが初詣に適しているかというくらいでしか図ることが出来ないようです。
ということで、正月に初詣に行けなかったとしても、日にちをずらしてもお参りに行けばそれが初詣となります。

初詣に行くのは神社?お寺?どっちが正しい?

初詣は神社に行くというイメージがありますよね。しかしお寺でも全然OKです。どちらが正しいという決まりもありません。神道・仏教の違いというのは特にここでは重要視されていないということなんですね。

ですから、近所に神社がないと思っていてもお寺にお参りに行ってもOKです。また、初詣には明確ないつまでという期間がないので、とりあえずは1月中に行っておけば問題ありません。