年越しそばの意味

年越し蕎麦の意味や由来などを詳しく解説

年越しそばの意味

年越し蕎麦は大晦日に食べますよね。でもこれって子供の時から毎年食べていますが何のために食べているのかわからない方も多いでしょう。

しかも夕飯として食べるのか、年を越す時に深夜12時近くになって食べるのか、年を越してしまったらどうなるのか、など一度考えだすとキリがないですよね。

では年越し蕎麦は何のために食べるのでしょうか。意味や由来などを詳しく解説していきます。

年越し蕎麦とは

年越し蕎麦は年末に食べられるそばで、歳末の風物詩と言われています。ほぼ全ての日本人が年末に一度は食べたことがあるでしょう。
1800年くらいに年越し蕎麦が食べられている記述が残っています。現在でも半数以上の人が年越し蕎麦を食べるというアンケート結果があり、言葉だけでなく食べたことがあるという人がほとんどという、日本では有名な風習です。

年を越してから食べるのは良くない

これはただの風習ですが、これは言い伝えによると、年越し蕎麦を年を越してから食べると縁起が良くないと言われています。
また食べ残してしまうと金運が悪くなるなどの言い伝えがあります。

年越し蕎麦の意味

そばは長いことから、長寿を願ったものだと言われることが多いでしょう。
いろいろな意味がありますが、食べた人の健康などを願うことがほとんどです。歳を無事越せたことを喜び、来年また健康で過ごせるようにという意味が多いですね。

年越し蕎麦と言われていますが、地域によっては元旦に食べるところもあり、一概に年を越す前に食べるものであるとは言えないようです。福島の会津地方なんかがそうですね。

また年越し蕎麦は夕飯として食べてもOKです。特に決まりはないですが、夜中まで起きていることを考えると、夕飯の後に軽く食べる天ぷらそばなんてのはとても美味しくて食べごたえもあり良いものです。ただのざるそばのようなものではなく、いろいろな具を入れて年越し蕎麦を楽しんでください。