門松の意味や由来、処分方法 いつからいつまで飾るのか

門松の飾り方や処分方法、使い回しなど

門松の意味や由来、処分方法

お正月に玄関に飾る門松。何気なく毎年飾っていますよね。なぜ玄関に飾るのか、その意味や由来、またいつからいつまで飾っておくものなのか、その後の門松はどうすればいいのかなど詳しく解説していきます。

門松の意味と由来

昔、こづえに神が宿ると考えられていたことから、家の前に松を飾るようになりました。これによって年神を家に迎え入れるという意味があります。またなぜ松を飾るのかというと、常緑樹の松が「祀る」に近いとして使われたという説があります。中国でも松自体が生命力だったり繁栄の意味があるため、松を飾るようになったのです。

平安時代には新年に向けて松を手に入れることが習慣になっていて、さらに室町時代には現在のような家の門や玄関に門松を飾る風習が出来上がっていたとされています。

門松はいつからいつまで飾っておけばいいの?

門松の設置期間ですが、昔からの習わしで考えると、12月13日に松を持って帰るという風習があり、この12月13日以降であればいつから飾っても問題ありません。
ただ現在はクリスマスと被るので、その後に飾る方がほとんどだと思います。明確にいつから門松を置くというのは今は薄れていますね。

ただし飾り始める日のタブーがあります。それは12月29日と31日です。
12月29日は「苦待つ」に通じるとされ、「苦松」と言われよくありません。また31日は正月の前日に当たるため「一日飾り」とされて縁起がよくありません。

ではいつから飾り始めるか、というと、クリスマスの余韻が終わる27日か28日には出したほうがいいかもしれません。縁起が悪くても別にいいと思いますが、晴れ晴れした気持ちで新年を迎えるならぜひこれくらいに門松を飾りましょう。

ではいつまで門松を飾っておくかというと、基本は1月7日までです。7日までを「松の内」と言い、門松だけでなく正月の飾りを飾っておく期間とされています。なので7日に片付けるのが本来ですね。時間がないなどの場合は早めて6日の夜にしまう家もあります。

門松はどう処分すればよいか

最近は小さい門松やポスターなどで終わらせることが多いですが、昔ながらの門松の処分方法は小正月と呼ばれる1月15日辺りまでの期間まで保持し、どんど焼きという行事で焼いてもらいます。地域によっては毎年やっているので当たり前ですが、都心ではもう見られないですね。

小さい門松はそのまましまって来年また使い回しになるけど、同じ門松を使うという方もいると思います。使い回しをすると縁起が悪いということはあまり考えなくて良いです。本来は焼いてしまうのがベストですが、そもそも生きた松を使っている方は今減ってきていますので。

ただ大きな門松を処分する際は粗大ごみでの回収となります。自治体の回収センターに問い合わせて出しましょう。