除夜の鐘の意味と由来 なぜ108回たたく

除夜の鐘はなぜ叩くのか

除夜の鐘の意味と由来

年末の夜中から毎年除夜の鐘が鳴ります。地元で鐘をついてくれるところもあれば、都会だとなかなかなくてテレビでついている映像を見るということもありますよね。そんな除夜の鐘の意味や由来などを解説していきます。

除夜の鐘を108回鳴らす理由

除夜の鐘は108回鳴らします。この108回というのは煩悩を振り払うという意味ですね。108の煩悩を除夜の鐘で振り払うわけです。人間の煩悩は108ありますので、除夜の鐘を打つのはこれが有力とされています。

他には四苦八苦を表すとも言われています。4×9が36で8×9が72、これを足すと108ですが、何だか後付のような感じもしますよね。
あとは1年間の数字を全て足したものが108と言われています。例えば月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表す、とのこと。これも何だか後付の意味のような気がしてなりません。

除夜の鐘を打つとき

まずは鐘に向かって合唱。そして107回打っていきます。12月31日までに107回打って、1月1日に108回目を打つのが除夜の鐘です。

そもそも除夜というのは大晦日という意味です。このとき108回たたかれますが、実際は平日にもたたかれるものであるとのこと。しかし108回は長いためか18回で終わるそうです。お寺では鐘の鳴らし方に色々と意味があるんですよね。

都心部での除夜の鐘

ちょっと信じられませんが、都心部やベッドタウンでは除夜の鐘がうるさいということで苦情が来ているとか。で、たたかなくなっているというんです。これどうなんでしょうね。
まあ、家の隣で108回も鐘が鳴っていたらそりゃうるさくて眠れないし夜中ですからうるさいですよね。

最近はマンションなどが寺の近くにできたりするし、こんな苦情が出てしまうのは無理もないかもしれません。