結婚指輪を小さくする

結婚指輪のサイズダウンをする

結婚指輪を小さくする

結婚したときに買った結婚指輪と自分の指のサイズが変わってくることはよくあることです。当時よりも痩せてくればスカスカになって関節にすら止まらなくなることはあります。このままではすぐに外れてなくしてしまう可能性が高くなります。ではサイズを小さくすることは可能なのでしょうか。結論から言えば可能です。ぜひ結婚指輪のサイズ直しをしてみてください。

結婚指輪はサイズダウン可能です

結婚指輪にかぎらず、どんなものでもサイズダウンは可能です。どのようにするかというと、指輪の一部をカットしてつなぎ合わせます。
これで5合分程度まで下げられるそうです。

購入した店でやってもらうのが基本ですが、お店がなくなっていたり、遠くて依頼できない場合は他のお店でも受けてくれます。

ジュエリー部分や刻印部分は避ける

リング部分を一度カットしてからつなぎ合わせるので、内側の刻印などを避けてカットします。また宝石がついているところなどはカットできないことと、宝石の装飾によってはサイズダウンできない場合もあります。

これはジュエリーショップで相談してみてください。

結婚後の指のサイズは変わる

結婚後、体型が変わって痩せてしまう場合もありますが、太ってしまうこともあるのでサイズダウンは慎重に行なってください。体重の増減が今まで激しかった場合は小さくするのはやめたほうがよさそうです。

一度カットしているため、その部分の耐久性は弱くなっていることがあるためです。結婚指輪のサイズ変更に関しては1度か2度までにしたほうが良いでしょう。

またサイズを小さくしたくないということであれば、ゆるくなってしまった結婚指輪のあとにサイズがぴったりの別の指輪をつけて外れないようにストッパーの役割のする指輪を付けるのもよいでしょう。

結婚指輪を小さくする費用はいくらくらい?

ショップにもよりますが、数千円程度でできるようです。スルッと落としてなくしてしまう前に小さくしておいたほうが良いですね。逆に太く大きくしたい場合は結婚指輪と同じ素材を使う必要があり難しい場合もあります。