ロレックス アンティークのオーバーホール 古いロレックスの修理

アンティーク・ロレックスのOHは可能か

ロレックス アンティークのオーバーホール

ロレックスはデザインがほんの少し変わったりしながらも、昔のアンティークのものを引き継いで現在のモデルに至っています。しかしアンティーク・ロレックスはやはり日焼けだったり今では使われていない部品の劣化具合などがとても味が出て30年以上昔のモデルも人気があります。しかしオーバーホールして使い続けられるのでしょうか。またその費用はどのくらいかかるのか、詳しく見ていきましょう。

日本ロレックスでオーバーホール可能

アンティークのロレックスも日本ロレックスにてオーバーホールが可能です。ただしマニアが好きな味のある今の部品はかなりの確率で交換されてしまう可能性があります。
まずはどうなるかを依頼してみるとわかります。どの部品を交換するかの見積もりが出てきますが、30万円以上かかる場合もザラにあります。

古い部品は交換される

しかも古い部品に関しては容赦なく交換となることが多いです。特に30年程度経過したアンティークものに関してはその傾向が強いようです。

本来のアンティークを味わいたいがために古いロレックスを愛用しているのに見た目が変わってしまう部品交換はまずあり得ないでしょう。そのため、ロレックスのアンティークに関しては日本ロレックスでオーバーホールするのは避けざるを得ません。

オーバーホールを拒否されることも

日本ロレックスでは古くて使用中にロレックス品質を維持できないと判断した部品は必ず交換するようになっています。
このことから、これを交換できないならオーバーホールは受け付けない、と跳ね返されることがあるのです。

ロレックスからすれば修理・交換で数十万円の売上が立つ上に品質もしっかり保てるのでクレームもとても低く保つことができよいことばかりです。

しかしアンティークのロレックスが好きな方にとっては困ることのほうが多いわけです。

日本ロレックス以外でオーバーホールする

時計の技術者はロレックスでなくてもたくさん技術の高い人たちがいるんですよね。特にロレックスの公認技術士がいるところを利用すれば要望には答えてくれます。
交換なしでできるだけ現状維持でオーバーホールしてもらうのです。

ただし部品が壊れていたり不足している場合、そこまで古いロレックスの部品はないですし、そもそも純正パーツ自体そのお店にあることが少ないため、他社製品を使うしか無くなる場合もあります。

だとしてもアンティークの状態を保ったままオーバーホールをしてくれる信頼できる時計店が、特に廃盤になっているようなアンティーク・ロレックスにはお薦めかもしれません。