スーツのドライクリーニングで汗は落ちない

スーツの汗はドライクリーニングでは落ちない

スーツのドライクリーニングで汗は落ちない

スーツは基本的にドライクリーニングしてもらうのが安いですし一般的です。普通にクリーニング店に出すと、すべてドライクリーニングで洗います。このとき実は汗は落ちていないんですよね。返ってきた時これで洗ったのかと思う時がたまにありますが、それはドライクリーニングだから仕方ないんです。では汗をきれいに落とすにはどうしたら良いのでしょうか。

スーツを水洗いしてもらうしかない

ドライクリーニングというのは、石油系で油系の汚れを落とします。ですから皮脂汚れなんかはよく取れますね。

しかしスーツについている汚れというのが汗や尿、水や塩分などがほとんどだと思います。たまに飲み物を軽くこぼすこともあるでしょう。しかしこれはドライクリーニングではまったく落ちていません。
汗をかいて汚いからドライクリーニングにだそうと思っていた方、それは無駄です。

では汗などはどうすれば落ちるかというと、これは水溶性の汚れなので水で洗うしかないのです。

ウエットクリーニングでしか汗などは綺麗にならない

ドライクリーニングを出しても色が変に残っていたりするのは大量の汗です。黄色っぽくなっていると思います。これは高くても水洗いしてもらったほうが良いでしょう。
たまに高い金額のクリーニングをお薦めされることがありますが、安いドライクリーニングでは汗は落ちないからなんですね。

最近では自宅でスーツを水洗いできますが、これをやらないと汗や尿の汚れはとれないので、この手の水洗いできるスーツというのは実はとても良い商品なのです。別にクリーニングに出してるし家で水洗いなんて面倒と思っていた方も考え方が変わったはずです。

どのようなクリーニングで汗がきれいになるか

まずは普通のドライクリーニングでスーツを洗います。これで皮脂汚れなどが落ちます。
つづいて2回目は皮脂が落ちた後に霧吹きなどで水分を含ませて丁寧に洗います。水でじゃぶじゃぶ洗うとスーツが収縮してしまう原因になるからです。この点が価格が高くなる理由です。

ひどい汗汚れがない限りはドライクリーニングがベスト

やはり水で洗うとスーツを傷めます。ですからヒドイ汗ジミなどがない限りはドライクリーニングで生地を保護するようにして洗うほうがよいのです。毎回ウェットクリーニングに出していると生地が縮むし型崩れもします。

基本はドライクリーニング、夏場を超えたらウェットクリーニングというようにシーズンで使い分けるとスーツがきれいで長持ちします。