帯祝いとは 妊娠5ヶ月目

安産祈願を願う習わし

帯祝いとは

妊娠5ヶ月目に祝う安産祈願のしきたりです。最近帯祝いをやっている方がどれくらいいるのかわかりませんが、昔はよくやっていたもので、古いしきたりを重視する地域ですと今でも帯祝いはやっています。まず妊娠したらこんなことが御祝と習わしとしてあるということを覚えておきましょう。

いつ行うか

帯祝いは妊娠5ヶ月目の『戌の日』に行います。戌の日というのは十二支を日にちにあてたもので、12日間に1度あります。戌の日を選ぶのは犬が多くの子供を生むこと、さらにはお産がとても軽いということもあって、安産祈願という意味でかけているからです。

ただし最近は戌の日ということも特に指定なく、5ヶ月目くらいになったら帯祝いを行う、という程度で良いでしょう。

帯祝いの仕方

帯祝いは腹帯という帯を腰辺りに巻きつける習わしです。この時巻く帯はもともとは紅白の絹ですが、最近は木綿が多くなっています。
もともとは妊婦の実家がこの帯を送って、子宝に恵まれた夫婦の妻が妊婦に帯を巻く、というのが一連の流れでした。
その後は祝い膳として食事するという感じですね。ここで使われた紅白の帯は出産後赤ちゃんの祝い着として使われます。

現在の帯祝い

最近は紅白の帯は使わず木綿を使うことや、別の夫婦の妻に帯をつけてもらうことはなく、身内だけで行ったり、そもそも帯なんてつける儀式はしない、という方のほうが多いですね。ただ、この時期に鳴門帯祝いの贈り物や簡単な御祝をする場合はあります。

地域や家系によってはこの風習を残したまま御祝することがありますので、なぜ御祝しているのかを事前に理解しておくと自分がなぜ祝われているということがわかるでしょう。

帯祝いのお祝い金相場

帯祝いとしてのお祝い金の相場は5,000円から1万円程度です。あまり高くても気を使わせてしまうのでこの程度が理想です。

そしてお祝い金を頂いた時のお返しは不要です。