妊娠と出産にかかる費用 子供を生むときの費用

妊娠から出産までにかかる費用まとめ

妊娠と出産にかかる費用

妊娠から出産までの期間にかかる医療費はかなりの金額になります。一部を公的補助でまかなえるので全額かかるわけではないですが、一連の流れと費用を事前に把握して、どのくらいの費用がかかるのかを理解しておきましょう。

検査、定期検診にかかるお金

出産前の検査や定期検診はチマチマとかかる費用です。定期健診だけで平均15回程度は受けることになります。

まず最初に妊娠したかどうかの検査で1回、次回は心拍が確認できるまでの期間に1度病院に行きます。
それからは4週間に1回の頻度で23週目まで定期健診です。35週目までは2週間に1回、36週以降は臨月となるので1週間に1回の頻度で定期検査に行きます。

これらは1回3,000円~1万円程度かかります。トータルで7万~10万円かかりますが、1回につき5,000円の妊婦健診助成金が出ますので、実際にはトータルで3万円程度の負担となります。

分娩、入院にかかるお金

どんな病院で出産するかによって変わります。大学病院や総合病院が一般的な値段になります。個人病院の場合は価格に差がありすぎて一律の金額があまりないのが不便なところですが、独自のサポートをしてくれるのでぞょウインによってはアットホームで良い場合があります。

その他出産によっては費用がさらにかかる

破水入院

破水してしまうと陣痛がまだはじまっていなくてもすぐに入院します。その分の入院費用が発生しますので50万~60万円程度かかります。

帝王切開

帝王切開は医療保険適用になりますので費用としては普通分娩とさほどかわりませんが、入院期間が長くなりますので若干高めになってしまいます。医療保険に加入していると保険金が出ます。

双子の出産

双子以上の多胎の出産の場合、1.5倍程度の費用が必要になります。トータルで60万円前後かかります。出産方法は帝王切開となります。出産育児一時金は人数分もらえます。