出産後にもらえる給付金や手当 補助金

妊娠・出産でもらえる給付金や手当

出産後にもらえる給付金や手当

妊娠から出産、そして育児とお金が常に掛かってしまいますが、公的な給付金や手当がもらえるので実質の支払うお金はそれほど大きくならずに住みます。ただし申請することによってもらえるようになりますので自分で申請して少しでも負担を軽くしていきましょう。

出産育児一時金

健康保険や国民健康保険から支払われます。金額は42万円です。あとで申請して受け取る場合と、出産した病院へ直接支払い方式で出産費用と42万円の差額だけを支払う方法があります。

児童手当

年3回支給されます。月間5,000円~15,000円です。育児に必要な日用を支援する制度です。子供の年齢や所得によって金額が変わります。

出産手当金

産休期間の給与保証の手当です。加入先の健康保険から支払われます。どのくらい支払われるかは、産休期間☓標準報酬月額の2/3となっています。

育児休業給付金

雇用保険に加入している夫婦で、育児休業後も働き続ける場合に支払われます。
賃金月額☓0.5☓育児休業日数で決まります。