お年玉の相場と礼儀 年齢別の金額

お年玉をあげる金額と礼儀作法

お年玉の相場と礼儀

正月からはお年玉ラッシュが始まります。自分の年令が上がるに従ってお年玉を挙げる年齢になり、自分の子供がもらうようになります。お年玉の金額やもらった時の子どもの礼儀などを詳しく解説していきます。

親戚との金額差などもあると逆に気を使わせてしまうことがあるため、できるだけ平均的なお年玉の相場は掴んでおいたほうが良いでしょう。また、親戚間なので、事前にある程度お年玉の金額をお互いに把握しておくというのも手ですね。

お年玉の年齢別の相場

お年玉は自分が育った親戚たちの相場もありますが、配偶者側の親戚の相場もあります。実際に結婚してみると相手方の親戚では金額がものすごく低いという場合もあります。
大金すぎると逆に失礼に当たる場合があるのです。

お年玉の相場としてはお小遣い1ヶ月分程度が理想です。これも親族で違うので、まずはお年玉をいくらくらいあげるかなど事前に会話できるのであればしておいたほうが無難です。

学年別のお年玉相場

お年玉をあげるとき、もらったときの礼儀

お年玉を子供にあげるときは、その子供の親がいる前であげましょう。
また自分の子供がお年玉をもらったときはその場でくれた人に向かってお礼を言うようにしつけます。

ちなみに親戚周りをしていて初めて会う子供がいると困るので、ぽち袋と新札を多めに用意しておくとよいでしょう。