お中元とお歳暮を贈る時期 夏と年末の贈り物

お中元とお歳暮の贈り方

お中元とお歳暮を贈る時期

最近では若い人同士でのお中元やお歳暮の送り合いが減ってきているので、徐々に全体的な数が減ってきて実際に贈らなければならないときにどうすればよいかわからないことが増えています。お中元とお歳暮の正しい贈る時期を覚えておきましょう。またもし送る時期を逃してしまった時のための方法も解説します。

お中元を贈る時期

誰にお中元を贈るの?

お中元は夏に贈るものです。
贈る対象者は家族や親族などの近い人や会社の人間、取引先など日頃からお世話になっている人たちへの挨拶としても贈られます。

いつお中元を贈るの?

贈る時期は夏といいつつも6月下旬から7月15日までに届くように贈るようにします。ただし地域によっては時期が若干ずれることがあるので、贈られる人の地域がどんなときにお中元を受け取っているかを事前に調べておいたほうが良いでしょう。

お歳暮を贈る時期

誰にお歳暮を贈るの?

お歳暮は1年間お世話になった方へ贈るものです。誰でも良いので1年間お世話になりました、という気持ちや、今年はこの人に助けられたな、という感謝の気持をお歳暮を贈ることで表します。

誰にお中元を贈るの?

お歳暮は12月13~20日までに届くようにします。年末の忙しい時期で、正月の準備にかかる前に届くのがお歳暮の時期です。
贈るものとしては正月のタイムリーなお餅や食品なども喜ばれます。

お中元とお歳暮はどちらも贈る必要がある?

昔は年に2回のお中元とお歳暮を送っている場合もよくありましたが、最近はどちらも贈らないことが多いですよね。ではどちらも贈る必要があるのか、どちらか一方だけ贈っておけばいいのか、というと、経済的な負担もありますから、ふたつ贈る必要はありません。

ではどちらを贈るかというとお歳暮のほうが重要度は増します。また逆にお中元を贈ったのにお歳暮を贈らないということはありません。夏にお中元を贈ったら年末にお歳暮を贈る必要があり、これがしきたりになっています。

ですから無理にお中元は出さなくても、年末のご挨拶ということでお歳暮だけ贈るというのもアリなんですね。こちらのほうが面倒もなくて良いでしょう。

お中元やお歳暮の時期を逃してしまった場合

忙しくてお中元やお歳暮の購入手続きが間に合わなかった、という場合は品物は贈ったほうがよいですが、表書きの表記を『お中元』や『お歳暮』から変更する必要があります。

お中元の場合は『暑中見舞い』や目上の方向けに『暑中御伺』と書くようにします。これはお店で対応してくれる場合があります。秋まで過ぎることはないと思いますが夏を過ぎてお中元を送りたい場合は残暑見舞として贈ります。

お歳暮の場合は『御年賀』と変更して元旦から1月7日までの間に届くようにしましょう。これを過ぎてしまうとお歳暮としての意味はほぼなくなってしまいます。