お中元やお歳暮のやめ方 ギフトが面倒

お中元、お歳暮をやめる方法

お中元やお歳暮のやめ方

お中元やお歳暮のしきたりが最近は薄まってきているとはいえ、毎年ずっと送り続けてきたものをパタリと辞めることはなかなか難しいでしょう。経済的にもきびしいし、しかも疎遠になっいる人に対して毎年お金がかかるのはもうやめたい、と思っている方は多いものの、人付き合いですからなかなか辞められない場合が多いのです。

お中元とお歳暮をいきなり辞めるのはおすすめできない

お中元やお歳暮というのはただモノを贈るというものではなく、感謝の気持などを贈るという意味合いが強いのです。ですから古い方は人付き合いをここで切ると思われてしまっても仕方ないといえば仕方ないのです。

ですからお中元やお歳暮をやめたいからといっていきなりやめてしまうのは避けたほうが良いでしょう。

ではどうやってやめるか

このことから、お中元とお歳暮をやめるには徐々にフェードアウトするようにして縮小するのがベストです。今はモノを贈っていますが、これを年賀状のみにする、旅行に行った際のおみやげを贈る、子供が生まれたときのお知らせを贈るなど、できるだけ手間のかからない一括配送できるようなものに切り替えていくのが無難です。

例えば引っ越しのお知らせでもいいんですね。とにかく近況報告がはがき一枚でできる程度のものに縮小し、徐々に付き合いを薄くしていけばOKです。

親戚関係は遠方から辞めていく

親戚関係も疎遠になりがちな遠方の親戚からやめていきます。近いと何かの行事で会う可能性があるためです。特に葬式や結婚式などが増えてくる場合は近い親戚には暑中見舞いや年賀状程度を続けておくとよいでしょう。