お中元やお歳暮のお返し 返事だけはしておく

お中元やお歳暮のお返しはしなくてよい

お中元やお歳暮のお返し

毎年付き合いで送っているお中元やお歳暮。もらったらお返しするというのが当たり前ですがこれは必要なのでしょうか。実はお返しは不要なんですよね。初めて何かお中元やお歳暮にあたるものをもらってしまうと何か返さないといけないかなと思ってしまうでしょう。もしお返しが必要であればこちらでどうすればよいかも解説しています。

お中元、お歳暮のお返しはいらない

お中元やお歳暮をもらったらそのままこちらだけもらっておく、というのはなかなか気がひけるかもしれませんが、基本的にお返しする必要はありません。

これらの贈り物の定義ですが、挨拶ではなく感謝の気持を表すというものが実際の定義となりますので、感謝に感謝を重ねて何度もお返ししているのもおかしな話ですね。そもそもきりがなくなってしまいますし、感謝してくれていることを実感していればいいだけです。

また贈った方は感謝の気持を表しただけだと思っていればよいでしょう。

お返しはしなくても返事とお礼は伝える

基本的にお中元やお歳暮をもらったあとのお返しはしなくて良いですが、お礼を伝えたりすることは必要です。手紙がベストですが今は電話やメールでさっと済ませれば大丈夫。
基本的には3日以内に返事をして、受け取ったことと気持ちに感謝しているということを伝えればOKです。

もしお返しをする場合は

とは言え、お中元やお歳暮をもらって何もしないというのは無礼だと思われそう、もしくはとても良いものをもらってしまい、相手も目上の人だった場合は何かしらのリアクションはしたいと思うでしょう。

その場合は届いてすぐお返しするのではなく、2週間後こらいに贈るようにしましょう。届いて1週間程度だと早すぎますし1ヶ月経過してしまうと何に対するお返しなのかわからなくなってしまいます。