死亡してからの手続きの流れ 家族が亡くなったときの手続き

家族が亡くなった時の手続きの流れ

死亡してからの手続きの流れ

病院や自宅などで家族や身内がなくなってから葬式をして、さらには納骨するまでの流れをざっくりと説明していきます。亡くなると悲しみなどで何かと手続きをどうしたら良いかわからずにバタバタと動いていきます。予め流れだけでも掴んでおくことで割りとスムーズに事が運びます。

1. 死亡診断書の受け取り

まずは死亡が確認されたら最初にするのが死亡診断書の受け取りです。臨終に立ち会った医師に死亡診断書の作成を以来します。

事故などで死亡した場合は死亡診断書ではなく死体検案書の交付を受けることになります。この場合は検視を受けるため書類が変わります。死体検案書り受け取りは原則3親等の家族のみ、それ以外は委任状が必要です。本人確認ができるものを持って行きましょう。

書類の受け取りを済ませたあとはこのような手続きを同時に行います。

これらをしないと火葬はできないことになっています。これらを提出すると役所から『埋火葬許可証』を受け取ることができます。
この『埋火葬許可証』は火葬場に後日提出するものです。

2. 死亡届の提出

死亡届は先程の死亡診断書とセットになっています。死亡届に必要事項を記入して役所に提出します。

3. 埋火葬許可証と火葬の手続き

火葬場で埋火葬許可証を渡しあとは火葬することになります。火葬後はお骨になりますが、そのとき『埋葬許可証』を受け取ります。

これは埋葬してOKという許可証になっていて、お寺や霊園に提出することで埋葬する手続きに入ります。

4. 死亡届提出後に返却、提出するもの

役所に死亡届を提出すると1週間ほどで役所と会社へ提出するものと返却するものの書類が届きます。

役所へ返却、提出するものはパスポート、免許証、国民健康保険証などのような証明書ですね、これらは老人介護や障害者手帳なども含まれます。また年金受給手続きの停止もします。

会社で働いていた場合は死亡退職届、保険証の提出をします。また退職金申請なども同時に行います。