結婚式に遠くから出席してもらう対応方法 結婚式、披露宴の招待

遠方から結婚式に招待する際の交通費、宿泊費

結婚式に遠くから出席してもらう対応方法

結婚式は親戚を大勢招待する場合がありますが、各地バラバラに住んでいることもあって遠方から招待する必要があります。その際の交通費や宿泊費用などの負担、それの精算や受け渡しなどどうすればお互い気持ちよく対応できるのかを詳しく解説します。

交通費、宿泊費はこちらが負担するのがマナー

親戚にかぎらず、お世話になった方や友人を含め、遠方から出席して貰う場合は交通費や宿泊費用は全てこちら側で負担するのがマナーです。

当日現金を渡すか新幹線などのチケットを予め郵送しておくなどの対応が必要です。また宿泊のためのホテルなども予め会場の近くか交通の便の良い場所などにとっておきましょう。

この経費をできるだけ節約するには結婚式場がホテルなどの場合は同じホテルで部屋をとると安くなります。また交通費と宿泊費のセットプランなどを旅行代理店でとっても安くなる場合が多いです。

親族の場合は負担しなくても良い場合も

親族を呼ぶ場合はお互いに結婚や葬儀など様々な関係があるため、お互い様で毎回負担を持ち合うようにしていれば、交通費や宿泊費の負担はしないでおく、というのもあります。
これはそれぞれの親戚の付き合い方にもよりますので、両家で親戚についてはどうするかを話し合っておきましょう。

現金を渡す場合の対応

実費精算はなかなかしにくいと思いますので、それに近いきりの良い数字で金額を決めておきましょう。なかなか全額負担出来ない場合は半額くらいでも大丈夫です。
現金については両家の母親からそれぞれに渡してもらうのが望ましいですが、時間の都合などもありますから、受付に当日渡しておいて、来場されたときに渡してもらうのが手間がかからないでしょう。

交通費、宿泊費の負担が出来ない場合

結婚式までには色々と費用がかかります。そのため来て頂く方々の交通費や宿泊費が用意出来ない場合は無理せずに事前に招待状に書き添えておきます。

『大変申し訳ありませんが交通費、宿泊費はご用意できません。よろしくご了承ください』と書いておけばOKです。これによっては出席できないと判断される方もいるでしょうが、お互い経済的な事情はありますから仕方ないでしょう。

もし出席して欲しい場合は、お祝い金を交通費等に充てていただき、ご出席いただければと書き添えましょう。それは受付にも言っておき、結婚お祝い金を受け取らずに交通費として使ってもらう場合もあります。