引き出物の選び方 結婚式と披露宴

披露宴の引き出物を選ぶときのマナー

引き出物の選び方

結婚披露宴で出席者に贈る引き出物は何が良いか選びにくいですよね。ある意味定番のようなものがありますし、場合によっては新郎新婦ふたりのゆかりのものでもいいですし、地域によっては定番のものが風習である場合もあります。

引き出物は自分がもらって嬉しいかどうかで決める

自分たちは一度の結婚ですが、出席者は何度も結婚式に出席している可能性があり、同じような定番の引き出物をもらってうんざりしている可能性があります。
やはり自分がもらって嬉しいものを上げるべきでしょう。定番のものを適当に選ぶのは良くないですね。

引き出物で避けるべきもの

かさばるものは避けましょう。持ち帰るのだけでも精一杯になってしまいます。特に遠方から来ていただいた出席者にとっても持ち帰るのが大変なので、何でこんなの選んだんだろうと思われてしまいます。

同様に重いものもNGです。基本的に軽くてシンプル、かさばらないものがベストです。

カタログギフトでの引き出物

ここ何年も前からカタログギフトを渡してそこから選べるようにする引き出物が多くなっています。こちらも選ぶ手間が省けますし、予算内までのカタログが用意されているのでお金の心配もあまり必要ありません。

もらうほうもカタログから好きなモノを選べるため気が楽というのもありますが、カタログ内に欲しいものがなくて適当に選ぶことは多々あります。無難なだけに特に必要な物がない場合はその傾向が強いです。

またカタログギフトを引き出物とする場合、手抜きだと思われてしまう可能性もあります。特に古いタイプの人にはそう思われてしまう可能性も。最近の人たちはそこまで考えず、逆に面倒だもんね、お互いこっちのほうがいいよ、と思ってくれる事が多いですが、特にしきたりに厳しい場合はカタログギフトは避けたほうがよいでしょう。

地域独特の引き出物のしきたりがある場合

引き出物は地域によって贈る定番があります。避けたほうが良いとされるかさばって大きい物が良いという地域や寝具をつけるという風習など、地域によって違います。これは家族の中の年長者にも一度相談しておいたほうがよいでしょう。

その風習をそのまま引き出物にするかどうかはそのときに相談したほうが良いですね。

人によって引き出物の種類を変える

最近は全出席者同じ引き出物ではなく、親戚用、友人用、などのように引き出物を変える場合も増えています。
例えば親戚には地域用のしきたりに沿った引き出物をお渡しし、友人には同年代ですからお洒落な食器など、遠方からの方はかさばるのでカタログギフトをお渡しする、という感じです。

このように人によって上下をつけるのではなく、良いものをセレクトしてあげるという配慮は良いことだと思います。ただし包など見た目で差が出ないように配慮する必要もあります。大きさなどをできるだけ同じようにしてあげるとよいでしょう。