披露宴二次会の計画の立て方 予算や幹事

披露宴の二次会の計画

披露宴二次会の計画の立て方

結婚披露宴の二次会は披露宴に参加出来なかった方などを含めてラフな感じで祝ってもらうための回です。主催は新郎新婦の場合と友達などが主催の場合があります。結婚披露宴二次会パーティーの計画の立て方を詳しく解説していきます。

二次会の会場

二次会の会場はレストランなどがメインになるでしょう。多くの場合が披露宴を行ったホテルや会場に併設されているレストランなどで行う場合が多いです。もしくは近くのレストランか、新郎新婦や友人にゆかりのある場所で行うのも多いですね。

会場選びのポイントは広さが十分であるかどうかを確認します。着席なのか立食なのかによって広さが変わります。立食形式にする場合はやや狭いくらいがちょうどよくなります。

会場が披露宴会場から近いかどうかも重要です。交通手段によっては参加するのが面倒だなと思われてしまいます。基本的には披露宴会場と同じ建物にあるほうが楽ですね。

二次会の幹事を決める

二次会は新郎新婦ではなく別の人に任せるのが基本です。信頼できる人に任せましょう。会場、招待客、予算などは新郎新婦で決め、進行や料理などは幹事に全てまかせるのがよいでしょう。
最終的な精算の時は幹事だけでなく新郎新婦も同席して確認しましょう。

もし二次会の費用が予算オーバーしていた場合は幹事ではなく新郎新婦が支払います。これを事前に幹事にも伝えておいたほうが安心して仕事をしてもらえるでしょう。予算オーバーしないようにするには食べ放題飲み放題のスタイルのほうがよいでしょう。あとは時間を伸ばしてもらうなどして費用調整すると楽です。