海外で結婚式を挙げるメリット・デメリット ハワイで挙式

ハワイなどで挙式するメリットやデメリットとは

海外で結婚式を挙げるメリット・デメリット

海外で結婚式を挙げる人が昔からカラベルとかなり増えています。お洒落な結婚式ができるということで人気も高いですが、実際日本でのウエディングもレベルが高いのでそれほど海外との差はなく、違いは環境や雰囲気が違うというだけです。海外で挙式するメリットとデメリットを解説します。

海外で挙式するメリット

好きな海外の国に行って式を挙げることができるほか、両親を海外に連れて行ってあげたいという希望がかなり多いようです。
また国内での結婚式というしきたりにあまり縛られず、好きなようにできるというのもポイントです。

逆に招待客が少なくなることであまり気を使わないで挙式できるというのも隠れたポイントです。例えば会社の人には来てほしくないな、と思っているとしたら海外で挙式してしまえばわざわざ休んでは来れないからです。

来てくれた方は挙式参加とともに自分たちも海外旅行を楽しめるためお金と時間はかかってしまいますがこんなメリットもあり参加してくれる人も少なくないでしょう。

海外で挙式するデメリット

海外の往復や宿泊の問題、休暇の問題などもあって日程がかなり制限される可能性があります。また当然ですが国内よりも費用が多くかかることがあります。披露宴なども国内でしない場合は逆に海外でやってしまったほうがお金もかからないか同じくらいになる場合もありますが。

また親族全員を呼べないということもあります。

海外挙式の費用負担はどこまで?

両親の渡航費用などは全て新郎新婦が負担することが多いです。
親戚や友人は個人負担で来れる人だけ来てというのが一般的です。

その際にご祝儀などの祝い金はもらわないのが普通です。もらわない代わりに来てもらい、現地では披露宴ではなく食事会という形で費用は新郎新婦が持ちます。
この費用負担などに関してはあとで揉めるので最初からはっきりとさせて招待状を贈るのがよいでしょう。

パックツアーで海外挙式が便利

海外で挙式する人が増えているため、旅行代理店でも海外挙式のパッケージをつくっているところが増えています。これを利用すれば航空チケット、ホテル、式場などある程度全てを準備可能です。

これ以外は食事の場所などを各自用意するという感じですね。
場所はハワイが一番多く、グアムやサイパンなどが続いて人気です。フランスやイタリアもヨーロッパでは人気があります。