披露宴の招待状の返信方法 結婚式

結婚式、披露宴の招待状の返信の仕方

披露宴の招待状の返信方法

結婚披露宴の招待状をもらったら、原則参加するのが基本となります。何か特別な用事がない限りは出席するのが礼儀となっているので、招待状が届いたら出席するとして返信するものです。ここでは万が一出席出来ない場合の返信方法も詳しく解説します。

披露宴の招待状はすぐに返信する

披露宴の招待状が届いたら、出席する場合はすぐに返信するのが礼儀です。
ただし出席できるかわからない、まだ予定が決まっていない場合などは、予め電話をしておいていつまでに返信すればよいかを確認しておいたほうがよいでしょう。

返信期日までにまだ予定が定まっていないときは欠席にして返信します。

出席する場合の返信方法

はがきの裏部分の『ご出席』の『ご』を二重線で消し、『出席』をまるで囲みます。
『ご欠席』も二重線で消します。
その下にお祝いの言葉として『ご結婚おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。』などと書き添えます。
また『ご住所』などの『ご』も二重線で消しておきましょう。
結婚式の招待状の返信方法

欠席する場合の返信方法

披露宴の欠席を返信する場合は、招待状が届いてから1周間程度時間をおいてから返信するのがマナーとなっています。
返信する際はお祝いの言葉とともに欠席理由を書いて返信します。欠席理由は多忙につき、などは失礼に当たります。退職のときの一身上の都合と同様です。これは招待状の返信には絶対に使ってはいけません。

欠席理由は具体的に書いたほうが良いとされています。例えば出張と重なってしまい、などのようにです。

結婚式が重なった場合の返信方法

あまりありませんが、結婚式などが重なってしまった場合、付き合いの深い方の結婚式を選びます。すでに出席を先に出してしまっている場合は、先に出してしまった方へ出席し、予定は変更しないのが普通です。