爪の老化と手入れ方法

爪の老化のサインと保湿などのお手入れ方法を詳しく解説します

爪の老化と手入れ方法

老化によって爪のキレイさが落ちてきていると感じていませんか?もしくはまだそんな歳ではないのに爪がなんとなく汚くなってきたなと感じたことは?お手入れ方法なども詳しく解説します。

爪の成長と老化とは

爪は毎日0.1mm伸びています。感じている方も多いと思いますが、手の爪のほうが足の爪が伸びるよりも早いですよね。ただし左右の伸びの速さには差はありません。

夏になると爪の伸びが早いと言われています。爪全部が生え変わるのに半年から1年かかるそうです。ですから爪にキズがついている場合はこのように生え変わることでキズがなくなります。

加齢によって爪の伸びは遅くなります。黄色くなってしまったり分厚くなっていきます。縦に線が入るのも老化であるとされていて、シワのようなものなのです。これらは爪の老化のサインであると考えてください。

爪のお手入れ方法

爪はもともと皮膚と同じようなものなのを知っていますか?ですからお手入れ方法は肌に似ているんですよ。美しい爪を維持するには肌と同じようにケアする必要があります。

特に爪に刺激があるものというと洗剤などです。爪を維持したいのであれば手袋などをして爪を保護してあげてください。こうすることで爪の極度な乾燥が防げます。
また手を洗った後はハンドクリームで保湿してあげてください。

爪の成分はカルシウムではありません

爪は皮膚が硬化してできたものです。ですからカルシウムなどではなくタンパク質やケラチンなどで構成されています。これは髪の毛などと同じ成分です。
ですから冬は乾燥してしまいます。できるだけ保湿して乾燥から爪を守りましょう。

また、爪を健康的にするにはやはりたんぱく質が必要です。肉類、乳製品、大豆などをたくさん食べてたんぱく質を摂取すること、またサプリではコラーゲンがあるとさらに健康的な爪がてにはいり、爪の老化を予防することができます。