ムメフラールの効果

ムメフラールの効能を詳しく解説

ムメフラールの効果

ムメフラールとは梅肉エキスを製造する過程で作られるものです。血流促進効果があると生活の上で実感されていた梅肉ですが、実際の実験結果でも梅肉による血流促進というものは立証されました。しかしそこに含まれるムメフラールという成分が実はインフルエンザ予防やO157にも効くということで今話題になっているのです。

ムメフラールは梅肉の製造過程でしかできない

梅肉に含まれているといわれるムメフラールですが、もともと梅自体にあるものではないそうです。ムメフラールを作り出すには梅の果汁を煮詰め梅肉エキスを作るときに生成されているのです。

ちなみに梅干し自体、生梅、梅酒にはムメフラールは含まれていませんので注意を。あくまでもエキスに含まれているとのこと。

ヒトA型インフルエンザ予防に効く

海南市の酒造会社、中野BC㈱と中部大学の共同研究でムメフラールがウイルスが細胞に吸着するのを抑制する効果があることを突き止めました。
さらに驚くのは、感染してしまった人が体外へウイルスを放出するのを防ぐ効果まであったことです。

タミフルなどの化学薬には効果が及ばないとしながらも、これらの薬は感染拡大を防ぐ蔓延予防効果はあるものの、感染予防効果がないのです。
ムメフラールによって天然由来の新しい新薬開発に貢献できるとしています。

梅エキスを飲むのは辛いのでサプリメントがお薦め

梅干しにはムメフラールは含まれません。梅エキスにのみ含まれていますので、ぜひインフルエンザ予防にも利用したいところですが、なかなか飲むことは出来ないと思います。
今はこのような効果が知られるようになり、サプリメントも発売されています。

特に受験生などインフルエンザにかかると数日何もできなくなってしまうと困るという方には期間限定でもいいので定期的にムメフラールのサプリメントを飲んでおくのがお薦め。インフルエンザはどうやっても早期回復は難しいので、まずは感染予防することが大切です。