口内炎が悪化したらすること

口内炎が悪化してしまったらすること

口内炎が悪化したらすること

口内炎は普通であれば何日かで治りますよね。対策としては歯磨きをして口内を清潔にしたりビタミンを飲んだりとこれくらいで治ります。ただしどんどん悪化してさらにまた噛んでしまってということは多々あります。口内炎が悪化してしまったらこちらを読んで下さい。

口内炎はビタミン系の飲み薬だけでなく塗り薬なども利用することができます。

あまりにひどい場合は病院へ言って下さい。これについても解説しています。

口内炎の悪化を防ぐ方法

正しい睡眠をとる

口内炎の悪化を防ぐにはまず睡眠時間を確保することです。それも夜寝て朝起きるというサイクルで眠ることが必須です。体内時計は太陽の光にあたることでリセットされ、体が正常に働きます。体内時計が狂えば免疫機能も同時に狂い口内炎は悪化します。

正しい睡眠には体を治癒していく効果もありますので夜寝て朝起きるサイクルは必ずやりましょう。これが出来ない場合は諦めて病院へ行って下さい。ただし病院で処方される薬も不規則な生活の上ではなかなか効果がでないでしょう。

ビタミンB群をとる

口内炎ができてしまったらすぐに飲むべきなのがビタミンB群です。チョコラBBなどは有名ですね。あれはとにかくビタミンBの濃度が濃いため価格も高くなっていますが、同等の量を普通のサプリメントでとろうとしたら同じような価格になってしまうため、チョコラBBがお薦めです。

このビタミンB群が口内炎を治すというわけではなく、肌や粘膜を健康な状態に保つための栄養素です。ですから口内炎を直接治すのではなく、口の中を正常な状態に戻していくことになります。これは大切なことで、口内炎は普通細菌感染ではないので、正常になれば直るものだからです。
口内炎が悪化したら1日数回に分けてチョコラBBを飲みましょう。

歯磨きをする

口内炎が悪化したら、口の中を清潔に保つために歯磨きをしましょう。ここで気をつけたのが歯ブラシで口内炎を傷つけてしまうことです。こればかりは慎重にやっていきましょう。傷つけてしまうとさらに口内炎は悪化します。

ただし歯磨きはとても大切なので毎食後清潔にするためにやっておいてください。

口内炎が悪化して耐えられなくなる前に病院へ

口内炎が悪化すると喋るのにも食事も全てが大変です。えぐれて大きな穴があいてしまい変色してくることもあるでしょう。
さらには口内炎から雑菌が入りリンパ腺、扁桃腺が腫れ上がることが多々あります。これはかなり重症ですのですぐに病院にいきましょう。

病院に行くと診察してもらいます。長期間悪化した口内炎がある場合は細胞をとり、検査機関で何か問題ないか調べてくれるでしょう。だいたい10日後くらいに検査結果が届きます。そのときに詳しくどのような状況かを教えてくれます。

初診の日はうがい薬、飲み薬、塗ったり吹きかけるタイプなどの塗り薬などを処方してくれます。口内炎が奥の方にある場合は吹き付けるタイプの薬をもらうでしょう。ただし人によってはこの薬が合わずに気分が悪くなることがあります。きつかったら使わずに医者に相談して下さい。

口内炎は悪化して気づくとガンだった、ということもありえます。まずは病院へ行き、医師の診断をもらったほうがいいでしょう。若くてもガンにはなりますので注意して下さいね。

口内炎の悪化を助長するものとは

歯磨きもしてるしビタミンBも摂取しているのに口内炎が一向に改善されないという方も多いでしょう。実は口内炎はお酒を飲むことでも悪化してしまいます。刺激物は特に良くないので気にして食べない方もいると思いますが、お酒は毎日飲んでいたり、たまに飲んでも多く飲む人もいるでしょう。

これは病院で口内炎の診察をしてもらうとよく言われることです。悪化を防ぐため、回復促進のためにも口内炎ができているときはお酒を控えましょう。