中性脂肪とは

中性脂肪とは脂肪と違うの?

中性脂肪とは

最近はテレビやCMでも中性脂肪が話題になっていて健康診断の結果を見ても中性脂肪の数値が気になる方もいるでしょう。普通に食事をしていると歳を重ねるごとに中性脂肪が気になるはずです。

中性脂肪とは

中性脂肪とは、3つの脂肪酸(脂質、糖脂質、ステロイド)とグリセロールという物質が結びついてできるものです。中性脂肪は貯蔵される脂肪として体に蓄積されてしまいます。

この中性脂肪は皮下に蓄積されると皮下脂肪、肝臓に蓄積されると脂肪肝になったり動脈硬化になってしまいます。前から一定の基準としてしられるメタボリックシンドロームも中性脂肪が原因となっています。

要するにデブだと感じたら中性脂肪の値は高いと思ってよいでしょう。

中性脂肪とコレステロールは別物

中性脂肪とコレステロールは似ているように感じますが、実際は全くの別物です。コレストロールは同じく脂質ですが、細胞膜を作って筋肉を作るホルモンとして作用します。
善玉と悪玉があるように、コレステロールの悪玉は血管にこびりついて動脈硬化の原因になりますが、善玉がこの悪玉を取り去って肝臓へ運びます。コレステロールはバランスがよければ体内でも自然とうまく流れるのです。

中性脂肪の場合はその場で使われるようなエネルギーではなく蓄積されてしまうのが問題なのです。

中性脂肪が溜まってしまう原因

中性脂肪は主に脂っこい食事をすることで体に溜まっていきます。食べたものは運動で消費していくことが可能ですが、中性脂肪の場合はそう簡単に消費されずに万が一のためのエネルギーとして体内で蓄積されるようになっています。

また、万が一のときにできるだけ長く体を動かしていけるように皮下脂肪などになってすぐに落ちない脂肪になってしまうのも特徴です。溜まりやすく解消しにくいのが中性脂肪です。
もともとは飢餓などに耐えられるように体がしていますが、私たちのように食べて座って仕事をして寝てという生活をしていたら中性脂肪が増えるのは至極当然のことなのです。特に最近は脂っこい高カロリーの食事がメインになっていますから中性脂肪はさらに高まるのです。

中性脂肪が善玉コレステロールを減らす

中性脂肪とセットで高脂血症が出てくるでしょう。これは健康診断でよく目にするはずです。
最近の調査で血中の中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減ってしまうことがわかっています。

善玉コレステロールが減ることで悪玉が血管を塞いで動脈硬化を促進させてしまうのです。ですから中性脂肪が増えすぎると危険だと言われるわけです。

中性脂肪の基準値は、50~149mg/dlです。これを超えると脂質異常症である可能性が高まります。人によっては300とか400に達する人もいます。これは食生活、運動不足、飲酒の連続が原因です。すぐに中止して病院でみてもらい、正しい食生活に直す必要があります。

中性脂肪の何が怖いか

中性脂肪は増えすぎると動脈硬化になってしまうことです。高脂血症などとにかく死につながる原因を作ってしまうのです。
これだけであればまだ病気の原因のひとつであるというだけですが、中性脂肪の場合は違います。

現代の食生活をしていたら誰でも中性脂肪の数値が高くなってしまうところが怖いのです。

毎日脂っこい高カロリーの食事をして、ずっと座っているだけ、あとはまた付き合いで飲酒したり、休日はグルメめぐりをしたり、これだけで中性脂肪はどんどん溜まっていきます。気づいた時には加齢とともに代謝が落ちて中性脂肪が減りにくい状態になり高脂血症がひどい状況である場合が多いのです。

そもそも中性脂肪が増えたところで自覚症状はないので普通に生活しているだけで動脈硬化などのリスクがどんどん高まるのです。

中性脂肪の減らし方

中性脂肪を減らすのは単純に食事を改善するだけで大きく変化します。まず減らすべき食事は砂糖、果物、アルコールです。これらはまず多くとっているものがあれば今すぐ減らしてください。
逆に食事で中性脂肪を減らす働きがあるのは魚介類の青魚です。これは肝臓内での中性脂肪の合成を抑制する効果があります。

さらに食事でとる摂取カロリーも減らします。1日1800kcalの範囲内で収めるようにするとよいでしょう。食生活だけで相当の中性脂肪を抑えることができますので、誰でもできる食事の見直しを今すぐやりましょう。

続いて可能であれば運動を取り入れると効果が高くなります。運動内容は基本的に有酸素運動をメインにしていきます。まずは誰でもできるウォーキング30分からはじめましょう。毎日30分歩くだけで変化があるでしょう。

可能であればジョギングや自転車、水泳などを取り入れるとさらに運動量が増えて中性脂肪も減るでしょう。