アスベストが引き起こす病気

アスベストが原因で起こる病気について

アスベストが引き起こす病気

アスベストは建物の中の建材として幅広く使われてきたものです。昔建物の解体作業でアスベストが飛散し、これを吸い込むことで肺がんなどの病気になってしまうというニュースがあり、全国でアスベストの使用自体を禁止しました。また解体作業ではアスベストが使われているかどうかの検査をして適切な処理が必要なくらい病気の懸念が強いものでもあります。

アスベストと肺がんの関係性

アスベストが呼吸によって肺に入った場合、なぜ肺がんのがん細胞を発生させてしまうのかはまだ解明されていません。
しかし肺に入るとアスベストが常に肺の細胞を刺激し続けることはわかっています。これによって肺がんが発生しています。

肺がんの発生リスクとしてはアスベストを大量に吸い込んでいればいるほどリスクが高まります。また喫煙者の場合、アスベストと肺がんの発生率が極端に高まります。
アスベストを吸い込む環境で働いていた人でタバコを吸っている人は肺がんにかかる率が相当高いと思って十分良いという結果が出ています。

昔アスベストの工事現場で働いていて、さらにタバコを吸っている人は肺がんになる確率は相当高まります。しかも潜伏期間が10年と長いので、今は何ともなくても今後数年で病気が表面化する可能性は頭に入れておいたほうが良いでしょう。

悪性中皮腫

肺の胸膜などで発生する癌。この胸膜はもともととても薄い膜になっています。しかしそこにアスベストを吸引したことで分厚くなってしまいます。これによって肺自体を圧迫してしまいます。
圧迫される肺は痛みを感じ、さらには息ができなくって息切れが始まり、発熱を伴います。最終的には呼吸困難になり死亡します。

若い時にアスベストを吸い込んだかどうかでリスクが急上昇します。最近息切れがするな、と感じたら悪性中皮腫の可能性もあります。

アスベスト肺

肺に繊維上組織が増えてしまう病気がありますが、これがアスベストによって引き起こされるものが『アスベスト肺』と呼ばれています。
普通の肺線維症ではアスベストは吸い込んでいないので関係ないですが、アスベストを吸い込んだ人はこの肺線維症がアスベストによって作られてしまいます。

アスベストを10年以上吸い込んでいる人に起こります。潜伏期間は短く、10年~20年以内に発症します。忘れた頃にやってるく病気のひとつです。

アスベストの病気の潜伏期間

アスベストを吸い込んですぐにゴホゴホと病気になっていくわけではなく、実は長期間の潜伏期間があります。今大丈夫だからといってアスベストの病気にならないというわけではないのが実情です。

現在肺がんが特に増えていて死亡率も高まっていますが、肺がんになるまでの潜伏期間が30年と長いのが特徴で、アスベストが建材として使われていた時期から考えると今後もアスベスト吸引による肺がんの上昇は続くと予想されています。

またアスベストを吸い込んでタバコも吸っている人は肺がんの発生確率が50倍以上高くなるので注意してください。呼吸困難や体重減少、腹部のしこりなど体に異変があればすぐに病院へ行きましょう。肺がんの可能性が高いと言えます。

アスベストを仕事で使った人の家族も危険

仕事で自分がアスベストを吸ったという人は、家族も危険です。服や体についたアスベストを持ち帰り、家族が吸ってしまっている可能性が高いからです。この間接的なアスベストによる病気リスクは低くないので、家族も一度病院へ診断に行ったほうが良いでしょう。

またアスベストを使っている工場が近くにあった地域に住んでいる方も同様です。アスベストによる病気の可能性がとても高いため早めに病院へ行ってくだい。