エボラ出血熱

エボラ出血熱

エボラ出血熱が代理有効しています。世界各国がかなり危険な状態になっていて、どこで収束するかわからない状況です。ここではエボラ出血熱についての知識や各地の状況をまとめていきます。

エボラ出血熱のワクチンはすぐにはできない

エボラ出血熱のワクチンはすぐにはできない

エボラ出血熱のワクチン開発が進んでいますが、これが完成して実用化になるまでにはどれくらい時間がかかるのでしょうか。
エボラ出血熱のワクチンはすぐにはできない

エボラ出血熱の感染原因

エボラ出血熱の感染原因

エボラウイルスに感染する原因とその予防方法を覚えておきましょう。
エボラ出血熱の感染原因

エボラウイルスの飛行機による感染拡大

エボラウイルスの飛行機による感染拡大

感染地域である西アフリカの医療従事者や関係者が日本に帰国する際にエボラに感染していることに気づかずに帰国すれば、日本でエボラが大発生する可能性はとても高いです。致死率が高いため、一度大量発生するともう治療薬がない今は半数くらいは助からない可能性があります。
エボラウイルスの飛行機による感染拡大

エボラ感染者の入国

エボラ感染者の入国

エボラウイルスに感染した人が入国してしまう可能性はあるのか、それと感染は広がってしまうのかを考えてみましよう。
エボラ感染者の入国

エボラのザイール株は致死率78.5%

エボラのザイール株は致死率78.5%

エボラ出血熱が世界大流行の可能性が出てきました。エボラの種類でもザイール株が平均的な致死率が高く、感染するとほぼ死に至るという怖いものです。なぜザイール株の致死率が高いのかなどを解説していきます。
エボラのザイール株は致死率78.5%