マウスは便器並に汚い 汚れているマウスの掃除方法

マウスの汚れと掃除方法

マウスは便器並に汚い

パソコン周辺機器のマウスがとても汚いということをご存知でしょうか。研究によると、雑菌の繁殖によって、マウスは便器以上に汚いことがわかっています。

別に汚い手で触っているわけでもないのに、こんなに汚いと言われてしまうマウスの雑菌についてや掃除方法などを詳しく解説していきます。

便器の5倍の雑菌がいるマウス

マウスには便器の5倍とも言われる雑菌がいるとのこと。マウスは仕事で使っていれば週に5日触り続けている周辺機器です。当然手を洗ってからマウスを触っていたとしても、色々なところを触った手で最終的にマウスを触っているのです。

例えば食事や顔を触って手でマウスを触る、髪の毛を触った手でマウスを触る、などです。別に何も触っていないと思っても、何かしらに触ってマウスに手がたどり着いています。

男性の方がマウスが汚い

研究結果では男性のマウスのほうが汚れていることがわかりました。結論としては男性の方が手を洗わないことが多い、不潔が多い、とアメリカで言われていますが、ちょっと偏見もあるかもしれないですよね。

しかし男性はトイレのあとに手を洗っていなかったりすることもあるため、相対的に見ると女性よりも男性の方が汚いと言われてしまえ可能性はとても高いと思います。

汚いマウスの掃除方法

現在はレーザーマウスが主流なので掃除は簡単です。コードを抜いて電源が通らない状態にしたら、中性洗剤を含ませたタオルを硬く絞って拭きます。

繋ぎ目は爪楊枝でほじくり返すと手垢の固まったものがボロボロと落ちてきてとても気持ち悪いです。これはゲームのコントローラーにも多く残ってしまう手垢です。当然マウスも大量に手垢が残っています。

一度キレイにしたら、マウスのそばにアルコール除菌シートを置いておきましょう。当然手を洗った後に使いますが、マウスを使う前と使った後はアルコール除菌シートで拭いて清潔にしましょう。