職場うつの症状と原因、治療方法

会社でうつ病発症、職場うつ

職場うつの症状と原因、治療方法

ここ数年で職場でのストレスが原因でうつ病になってしまう人が増えました。とは言え昔からあったことですが、最近はうつ病についての認識が高まっていることなどがあって最近増えていると感じているだけであり、実はずっと前から職場のうつ、職場うつがあったのです。

ここ最近心療内科、精神科が台頭し、かなり儲かっているのですが、当然うつ病患者が増えまくっているからです。職場の環境などで打つ美容になってしまう職場うつの原因、対処方法、治療方法などを詳しく解説していきます。

1000人規模以上の会社の9割に職場うつがある

データによると1000人規模以上の大規模会社の9割に職場うつで休職している人がいるというデータがあります。うつ美容でも仕事に出てきている人もいますが、実際に休んでしまっているという人がいる割合が9よりというのは異常です。

そもそも大規模な会社になると業務も社内の人間関係も色々とストレスになる可能性が高いため、これはあながち大げさなデータではないと思います。大きな会社になればなるほど職場欝になって休職にまで追い込まりれる人が多くなるということです。

職場うつのチェック方法

まずは世界的なうつ病チェック項目から見て行きましょう。

これらの5つ以上に当てはまると鬱傾向にあると言えます。このチェックリストはかなり厳選していると思いますが実際うつになると他にも色々な症状があり、職場うつはある意味誰でもかかりやすい精神疾患と言えます。

職場うつは自分がなるなんておもわなかった

職場うつになった500人に聞いたというデータでは、自分がまさかうつになるとは思わなかったという方がかなり多く60%近くを占めていました。
要するに自分は精神的に弱いし性格も弱いし、鬱になる可能性はあるだろうなと思っていた人はなっても仕方ないですが、普通の生活をしていたのにもかかわらず職場うつになってしまった人が多いということがわかっているのです。

このことからも職場うつは誰がなってもおかしくないということです。注意していても職場うつになってしまうということも考えて置かなければいけません。あいつなら精神的にタフだから大丈夫だろう、というのは職場うつになって初めてうつ状態であることがわかることがあるということです。

継続的なうつ状態に気づいたら精神科へ

自分がうつ病であるということはなかなか信じられないというか、そもそも自分がうつ病であるというと自体がわからないことが多いのです難しいですが、他人に少しでも鬱っぽいと言われたら精神科へ行ってみましょう。そこでうつ病診断がされるかどうかは別として、精神安定剤を飲むことで心が落ち着いて仕事にも対応できるようになることが多々あります。

また精神疾患で休職を薦められることもあると思いますがその際は上司と話し合い、最善の努力をすべきかと思います。仕事を手放してしまうこと、職場から離れることはとてもつらいことと思いますが、そうせざるを得ない場合があるということです。

もし仕事の量を減らしたりして職場との繋がりが保てるようであればそれが人生にとってはベストでしょう。ただしうつ病の患者にとってどうなのか、このへんは自分と医師と上司と考えていく必要があると思います。

職場うつは全く珍しいものではありません。毎日何人も職場うつの状態で満員電車に乗って出社しています。もしかしたら自分も職場うつかもしれないと思ったら仕事と生活を振り返り、必要であればすぐに精神科へ。