うつ病は自分勝手、わがままで自己中心的?

うつ病はわがまま

うつ病は自分勝手、わがままで自己中心的?

うつ病患者以外の家族などは、うつ病患者は自分勝手に良いときは良いけど悪い時はすぐわるくなって、こちらが疲れてしまうというとを多々感じると思います。実際に躁うつ病ほど上下の振れ幅が激しくならなくても、自分の好きなことをしているときは楽しそうにして、それ以外の時間はまったく何もしないし、死にたいとまで言ってくる、もう付き合いきれない、というのが本音でしょう。

ほとんど相手にしなくていい

気分の上下に気を使わなくてよいでしょう。自分勝手にさせるのでは大変なので、ある程度スルーすることが大事です。全てその場その場で対応していたらほんとうに疲れます。

実際にミイラ取りがミイラになることはよくあるので、うつ病で気分の上下がある場合は放っておいてよいでしょう。自分のほうが大事なので、自分が看病や介護でうつ病になるのは避けましょう。

人間は聖人ではない

親子だろうが夫婦だろうが、相手に対して懸命に看病したり生活の世話をすべて見たりしていくのは家族としては当然ではありますが、人間ですから抜くところは抜いていかないと壊れてしまいます。全てを完璧に対応することは無理です。

基本的に人というのは支えあって生きていくものですが、ずっと世話をし続けていると負担になってしまい、義務化されたように感じてくることがありますが、そんなことは考えなくてよいです。

ひとりで自分ともう一人の分を生きていくためには幸せな人生が待っているのかなとふと考えてしまうこともありますよね。実際はそんなに明るい先が待っていないことも多いのです。自分だけが頑張っていて、うつ病患者は何も自分にしてくれない、支えてくれる人がいない、そう考えると心が折れてしまいます。

だから一生懸命やる必要はありません。共存していくためには手を抜いていくしかありません。

最初の数年間であればまだ本気で症状を見ながら調べたり色々対応を変えたりしてテストしてみたり、病院で良い治療方法を考えてみたりとしていけますが、だんだんそれが無意味であると思うようになっていきます。

しかし一生懸命やり過ぎないようにすればまだ心の負担は少なくなります。まずは気張らずにやっていきましょう。

うつ病はわがまま

看病していればわかりますが、うつ病でなくても他人と自分とでは考え方やモノの捉え方が違うので完璧には意思疎通ができないし趣味趣向も違うしやりたいことも違います。それでも美味く付き合っていくことが出来るわけですが、うつ病の場合は自分でコントロールできなくなっているもしくは、わかっていてもコントロールしない、気力がない、ということが多々あります。

そんな状態だと見捨てたくなりますよね。

だからもうわがままに付き合う必要はありません。そういう人だと思って対応していくしかありません。すべてうつ病のわがままに付き合い続けていたら体が持ちません。

ここも気を抜いて、適当にスルーしていくことが大切です。

うつ病の闘病は一生続くことが多いですし、治らない可能性もあるので、そこを考えて少しずつゆっくりと対応してきましょう。急ぐ必要は全くありません。