うつ病で寝すぎてしまう過眠症になる うつ病なのに眠りすぎてしまう

うつ病で過眠になってしまう原因と対処法

うつ病で寝すぎてしまう過眠症になる

うつ病になると基本的に不安で眠れなくなることが多いですが、逆に眠くて起きていられないほどの睡魔が襲ってきて、1日のほとんどを眠って過ごす場合があります。これは完全に過眠症の症状が出ています。普通であれば夜眠れるように睡眠導入剤を処方されたり、中途覚醒しないように睡眠薬を処方されますが、この場合は逆で寝すぎてしまうのです。

本来ならばうつ病で眠ることは大事

うつ病になるとどうしても不安が襲ってきて夜眠れないということが起こります。睡眠サイクルや睡眠中に出るホルモンなど、または頭を休めたりするためにも、睡眠というのはとても大事です。うつ病ではない人にとっても重要ですから、うつ病のように精神的な不安感がある人にとってはさらに重要になります。

このことからも夜眠って朝起きる、という正常なサイクルができるように、精神科ではほぼ睡眠薬が処方されます。これは体に悪いというよりも睡眠がとれなくて体に悪いほうを解消するために処方されるため、とても大切です。

睡眠サイクルが安定することによって体自体が本来の働きを取り戻すことができます。だから睡眠はうつ病にとってとても重要なのです。

しかしうつ病に過眠症はよくない

しかし睡眠は重要ですが、過眠はよくありません。色々な精神面での不安などがあり、何もやる気が起きない、という場合、それが進むと眠気ばかりが襲ってきて、重度になるとずつと眠っているということが多々あります。

睡眠自体は良いことなのに、寝過ぎることで体の調子も取り戻せなくなります。体というのは、眠って動いて食べて寝るというサイクルができていますが、眠りすぎてしまって運動がなくなり、また眠るという繰り返しの場合、食事もとらなくなってしまうため体重は減っていきます。また運動していないので健康な体からは遠ざかります。当然ホルモンなどのバランスも睡眠サイクルの変化によって崩れます。

寝過ぎることがうつ病改善を遠ざける

寝過ぎることで意欲などの低下がさらに進んでしまうのでよくありません。寝すぎてしまうというのは寝坊するとは訳が違います。朝遅めに起きてきてもすぐに昼すぎまで寝てしまいます。その後なにか食べたとしてもまた寝てしまいます。

夜も当然精神科で処方された睡眠導入剤などを飲むので、また眠ります。この繰り返しで家事もできない、仕事もできない、遊びにも行きたくないなど、全てが悪循環で回っていきます。
これによって何が起こるかというと、結局は負のスパイラルで気分が低下していきます。

眠らないようにしてうつ病を改善する方法

基本的に眠くなってしまうのは仕方ないでしょう。体と心がそうなっているときに無理やりにでも起きるのは辛いことです。

その中でも少しでも改善していこうという気持ちを持つことが大切です。しっかり持つとは言っていません。少しでもその気持を持つことが大切です。

少しでも起きていたいと思えれば、あとは座ったり、立ったり、歩いたりと少しずつ動くようにしていきます。家事をしたり、掃除をしたり、慣れてきたら誰かについていくようにして買い物に行ったりしましょう。

何よりも重要なのがグッタリしていないで体を起こしていることです。無理やり起きていることはとてもつらいと思います。だから少しでも動きます。特に良いのは昼間の散歩や買い物です。最低30分くらいは歩くようにして太陽の光を浴びるようにしましょう。

そして慣れてきたら柔軟や筋トレ、有酸素運動や水泳などの運動を取り入れていきます。これはトレーニングではなくあくまでも軽い運動として取り入れていきます。これによって疲れも出てきて夜の眠りが深くなります。

睡眠サイクルが安定するとうつ病症状も良くなる

不眠症で悩むうつ病の人たちとは真逆になっていますが、眠りすぎを解消していくことで体もこころも少しずつうつ病の症状が改善していくことがわかるでしょう。

うつ病でよくないのは、ずっと引きこもってしまうことです。休養は必要ですが、できるだけ体も心もリハビリしていくことが大切なのです。自分のペースで良いので、少しずつ体を動かしていきましょう。