うつ病の症状 精神的、身体的な症状

うつ病の精神的症状と身体的症状

うつ病の症状

うつ病はかなり症状がひどいところまでいってしまった状態で、基本的に最近多いのはプチ鬱です。プチ鬱はうつ病の初期状態で、これが進行するとうつ病に発展してしまいます。この状態になったら精神科で医師に診てもらわないと回復は難しいでしょう。それほどうつ病の症状は重く、治りにくいのです。

憂鬱な状態が2週間以上つづいたらうつ病の可能性

落ち込むようなストレスがない、通常通りの毎日を過ごしているのに気分が優れない、憂鬱状態が2週間以上続くのであれば、それはもうプチ鬱の状態から本格的なうつ病の症状が現れ始めていねと言えます。まだこの段階であれば軽いのですぐに精神科に行きましょう。

ここで大切なのは憂鬱な状態がどのくらてのレベルかではなくてどれくらい続いているかです。この期間が2週間をすぎればうつ病の可能性がかなり高いと医師も診断するでしょう。

うつ病の主な症状

うつ病は以下の様な症状が出てきます。

これらのような症状が当てはまり、さらに2週間程度経過していたらすでにうつ病になっている可能性がとても高いです。これらのうつ病の典型的な症状です。

うつ病は日常的な作業に支障をきたすレベル

プチ鬱であれば仕事などはなんとかこなしていますが、本格的にうつ病が進行していくと、日常生活にも支障が出てきます。仕事ができなくなったり、ずっと寝込んでしまったりイライラしたり、不安が消えなかったりということです。

うつ病の症状が進行していくと、発想の転換がうまくできなくなってしまいます。そうなると不安な気持ちがずっと続いたり、マイナス思考に陥って抜け出せなくなります。そうすると負のスパイラルでうつ病が日に日に悪化していきます。

マイナス思考が続き、それが大きくなっていく

うつ病が進行することで、マイナス思考が続いていき、それが日に日に大きくなっていきます。身の回りで起こることが全て自分に否定的に感じられるようになって自分を責めるようになってしまいます。

軽いプチ鬱状態からここまでマイナス思考になっていくことはないですが、放置すれば当然うつが進行してこのようなマイナス思考が始まり、やがて自殺願望のようなものが沸いてきます。こうなる前に精神科で治療を始める必要があります。

うつ病の身体的症状

うつ病は精神的な症状だけでなく体にも症状が現れます。まず食欲不振で体重が落ちます。
睡眠も不安で眠れない、眠っても眠りが浅い、途中で起きてしまう、という睡眠障害。
さらに体がだるくて疲れが取れない、頭痛などがあります。

その他で言えば呼吸困難や味覚障害、生理不順や勃起不全など性欲減退、手足のしびれや冷え、便秘下痢など。
とにかく体の不調がどんどん出てくることがあります。

普通に体調不良だと思っていたら実はうつ病が原因だったということはよくあることです。