マットレスの選び方 低反発や高反発

コイル式などの特徴を詳しく解説していきます

マットレスの選び方

ベッドを買うときに重要なのがマットレスの選び方です。マットレス次第で寝心地が変わり快眠できなくなってしまいます。睡眠時間は人生の中で1/3を占めます。寝心地の良いマットレス選びに妥協しないようにしたいですね。それではあなたに合う正しいマットレスの選び方を見ていきましょう。

正しいマットレスの選び方

まずはマットレスを手で強く押さえてみましょう。このときに押さえ込んだ部分だけが沈み込んだり、コイルの感触がわかりやすいものは避けましょう。

また、実際にマットレスの上に横になってみましょう。このときはお尻の部分が沈み込んでしまうような柔らかいマットレスの場合は、自然な体のアーチを描けないため、睡眠中に体に負担をかけ快眠できません。柔らかすぎるマットレスも避けましょう。

マットレスの中身の種類

最近ではマットレスの中身にも種類があり、この選び方を間違えるだけで快適な眠りが左右されます。

ポケットコイル

一番お薦めなのはポケットコイルのマットレスです。
ポケットコイルとは、マットレスの中にあるコイルを一つ一つ包み独立させてマットレスの中に敷き詰めてあるものです。
それぞれのコイルが独立しているために、沈み込みを分散させています。
ポケットコイルのマットレスはそのコイルの数や中に詰める低反発ウレタンフォームや防錆加工などで価格が変わってきます。

ボンネルコイル

ボンネルコイルはコイルを全て連結させて、局部的にあまり沈み込んだりはせずマットレスの面全体で体を支えるようになっているため、畳に布団を敷いて寝る感覚に近くなります。
柔らかいベッドが嫌いと言う方は一度ボンネルコイルのマットレスに横になってみましょう。

ラテックスマット

ラテックスマットはバネではなく、天然ゴムをスポンジ状にしたマットレスです。
ヨーロッパでは最高級のマットレスとして知られています。
特に柔らかい寝心地がほしい方はお勧めです。

用途別にマットレスを選ぶ

もしもベッドを二人で使う場合、場所に余裕が少しでもあるならセミダブルを買うならダブルベッドをお薦めします。
寝返りを打つ場合は肩幅の2倍以上の面積が必要で、一人70cm程度を確保するとすれば、ダブルの140cmの幅のマットレスがほしくなります。
また、ポケットコイルのマットレスの場合、全てのコイルが別々に沈み込むため、隣で寝返りを打ってもこちらに揺れが伝わりにくいのもポイントです。

また、総合的なマットレスの選び方としては、コイルの音がしすぎないかもチェックしましょう。